元気の出る塾長ブログ

木を見て森を見ない悪癖

”木を見て森を見ず”という 諺 があります
小さいことに心を奪われて、全体を見ないことのたとえです。

たとえば、受験生が合格安心ゾーンに入るのに必死です

A third of all food rots. ( ) the Amazon is deforested to produce more food. (名城大学)
これは、長文の途中に出てくる1文で、空欄補充の問題です。

胸騒ぎが起こる・・A third、rots、deforested の意味がわからへん・・・どうしよう?
“単語”に心を奪われて、文章の意味がわからなくなる

これが小さいことに心を奪われた状態です。
テストでは、こんなことが しょっちゅう起こります。

そこへ もってきて・・・
( ) に before   while  because  which
から ひとつ決めなければならない。
不安。よけいドキドキしてくる

ヘビに にらまれたカエルです。
勝つ気がしなくなって、逃げることも 手向かうこともできず、

我慢できなくなって、やみくもにエイッとばかり、
それらしい語句を選び、難局から救われようとする。

○か×かは二分の一、このバクチ癖がつくと怖いのは、
これだけでは済まないところです。

古語がわからない古典、
句法がわからない漢文、
年号がわからない歴史、
選択肢ばかりの共通テスト、

カナヅチしか持ってなかったら、なんでもぶったたきたくなります。

“わからない”、“わからない”、
結局、問題を読んだことにならず、
正解の確率を 「鉛筆転がし」にしてしまう。

ず〜っと、同じ戦い方だったら、
何回やっても負け二分の一、点数はよくならないです。

そこで、ちっちゃな “ わからない ” なんか蹴散らして、
もっと全体を見る解き方に変えれば負け二分の一を減らせます。

最初は細かいところを見る必要があるけれども、
2回目は文を50%にけずって
3回目は ” なに ” が ” どう ” の 2つだけにしぼる

棒線部の外も重要で、見るところを、そこを中心に前後 3行 に移して
文脈に網を張る

選択肢も1語句にしぼる

すると、ヘビに にらまれたカエルも、タカに変身して、
勝ちに転じやすくなります。0:1から2:1に逆転優勝するようにね!

さっきの問題で言えば、
A third of all food rots.( ) the Amazon is deforested to produce more food.

( ) の前の文と、( ) の後の文を2つにしぼったら、

設問の選択肢です。

before、時間の前後
while、ところが
because、原因
which、詳しく言うと

自分に”わかりやすいことばに変換して、現実にホンマか、と考える

消去法で、whileが正解。

最初はできなくて当たり前、みんな同じです。
1回目で できないからといって、あきらめない、
できるヤツを うらやましいなんて思わない!

差がつくのはこのあと、
「鉛筆転がし」をくり返すだけの受験生なのか、
どうしたらできるようになるか、を考える受験生なのか。

過去問をくり返し解いて
正解や解き方を覚えるのも大切だけれども

どうしたら正しい判断ができるようになるか、
どうしたら速く解けるようになるか、
を考えることです。

これを冬期講習でやります。
1年、2年も今から始めます。楽しみにしてください。

関連記事

  1. 大晦日は「年末特訓」でした

  2. 入試でおそろしいのが面接です

  3. 押入のお化け

  4. キムタクのドラマを見て,ワクワクする

  5. 後期選抜試験合格おめでとう!

  6. 光は自分自身の中にある

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP