長く覚えておけるような数学をしたい 桑名高校2年Nくん

閲覧数:17

生徒の声

なるべく長く覚えておけるように、勉強したい

P1030623(
前の範囲の抜けているところをしっかり埋め
ていきたい。

今のところの数学Ⅱ、数学Bともに問題がないけれど、前の範囲のやつが抜けていたりするので、そこをしっかり埋めていきたいです。

今やってるところも、なるべく長く覚えておけるように、勉強したいです。

先生のコメント

素晴らしいです。

「数学Ⅱ、数学Bともに問題がない」のは、本人が努力しているからです。

彼の「前の範囲のやつが抜けていた」というのは、1年生でやった二次関数の問題のことを言ってるのです。
ほとんどの子は、ここでひと踏ん張りすればできていくのに、将来イメージが弱いからバタバタと挫折していきます。

二次式に未知数Kがはいっていて、0<X<1の範囲で最大値、最小値を求める、というような問題だったのですが、彼はもう、大丈夫なくらい復元しています。

そして、「今やってるところも、なるべく長く覚えておけるように」という、いまやっているところというのは、まさに微分です。

微分の問題の中に、うえの二次関数の最大、最少問題が複合して出てきます。
こういった背景があって、かれは、「長く覚えておける勉強がしたい」といってきたのです。

実はここがいちばん大事なポイントで、かれも気がついていると思うのですが、「「長く覚えておける勉強」の工夫こそが、高校で成績をあげる勉強法で、中学の勉強法と一番大きな違いです。 

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事