生徒の声、親の声

国語の読解問題は、設問を読み込むのが鉄則 山手中 3年 Wさん

国語の読解問題は、設問を読み込むのが鉄則

今日の国語は、ワークの問題も解けたし、プリントもできたのでよかったです。物語の内容は読めばなんとなくわかるけど、説明文だとまったくわからないときがあるので、説明文の内容を理解するのがとてもむずかしいです。
山手中 3年 Wさん

先生からのコメント

極端な話をするなら、読解問題は、『設問の理解が8割、本文の理解が2割』でもいいんです。おそらく、情景や感情を描いた物語の内容よりも、データや論理が展開される説明文の内容の方が、設問を理解すれば答は見つけやすいはず。説明文の全文を理解しようとせず、設問で要求されているところをつかめると、逆に全文の骨格が見えたりします。

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. 先生にも教えてもらったらハッと気づく山手中学2年Kさん

  2. 科目の中で 国語の文章問題が苦手,常磐小学校6年Mさん

  3. 今のうちからこのセンターの問題をやって四日市南高校1年Tくん

  4. 古典の助動詞が 見つけやすくなりました神戸高校3年Tさん

  5. もう少しよく考えて問題を解いていきたい、四日市南高校2年Mさん

  6. 中間テスト,特に数学と英語が上がってうれしかった保々中学3年Hくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP