生徒の声、親の声

解いた問題の数も大事、問題について考えることも大事 神戸高校 1年 Mさん

解いた問題の数も大事、問題について考えることも大事

今日は昨日と比べて問題を解いた数が少ないですが、1枚のプリントに対してたくさん考えることができたので良かったです。shouldとwouldの違いや、shouldとought toの違いなど、似ている意味の助動詞があるので、和訳や英文を読んで、区別できるようになりたいと思いました。
神戸高校 1年 Mさん

先生からのコメント

基本的な英文表現は、繰り返し繰り返し演習することで身につきます。使い方の似た助動詞についても、例文や基本表現を繰り返しているうちに、反射的に使えるようになるものですが、区別がつきにくい時は、納得できるまで自分で調べて、考えるのもたいせつです。

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. 合格!「よくやったやん」と言ってくれた母,内部中3年Tさん

  2. 計算ミスをするので減らしていきたい南中1年Tさん

  3. 夏期講習:古典文法の問題で動詞が活用する,四日市工業3年Sくん

  4. 古文、今までカンや、雰囲気で解いていたセントヨゼフ3年Sさん

  5. 新しくやったところはPointを見ながら・・桑名高校1年Nさん

  6. 予習で分からない数学が好きになれそう!三滝中学2年Yさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP