生徒の声、親の声

長文を読むときのテクニックがわかってきた 四日市南高 2年 Tくん

長文を読むときのテクニックがわかってきた

国語の長文を読むとき、印をつけると、同じことを言っていたり、反対のことを言っていたりが一目で分かった。また、選択の中の文が長いときは、二つに分けると、一つ目と二つ目が正しいかで答えを導き出せた。
四日市南高 2年 Tくん

先生からのコメント

長文の読解のとき、「線を引く」「印をつける」は鉄則です。ただただ目読してもポイントは見えてきませんから、最初のうちは自信が持てなくても、とにかく書き込んで見ることです。途中で「あ、違う」と思ったら消せばいい。また、自分なりに読解のルールを見つけたら、いろんな文章で試して、定着させましょう。

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. 家よりも学校よりも、Jukuで集中して勉強 四日市商業高校 3年 Bさ…

  2. 領域は夏休み明けの実力テストで 範囲になる鈴鹿高校2年Mさん

  3. テスト形式の国語が自分の力で解けだした中部西小5Iくん

  4. 周りの人が知っている部分を勉強するのではなく…南高1年Mさ…

  5. 学校で習ってない所が一人でできて嬉しい橋北中学3年Hさん

  6. 英語,初めての高得点でうれしかった保々中学2年Yくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP