生徒の声、親の声

間違えやすい時制と、忘れやすい三単現のSに気をつける 山手中 3年 Kくん

間違えやすい時制と、忘れやすい三単現のSに気をつける

きょうは英語の表現で、「tell 人 that 〜(人に〜ということを言う)」の文、「show 人 that 〜(人に〜ということを示す)」の文(thatのうしろには主語+動詞が続き、thatは省略できる)をやった。
thatのうしろを過去形にし忘れたり、動詞の三単現のSを忘れる時があったから、次は気をつけたい。

先生からのコメント

今回のように新しく表現を覚えたとき、間違えやすいのは「主節とthat節で時制を合わせる」というところ。こういうポイントは、間違えるたびに何度でも修正して、確実にからだで覚えましょう。
三単現のSは、身についてるつもりでも、他の間違いやすいポイントに気を取られて、うっかり落としてしまう人があるようです。これはもう、頭で考えなくても反射的にSがつけられるようにクセづけてください。

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. 暁は英進に合格できると 思っていなかった常磐中学3年Mさん

  2. 問題を見たら解法がわかるようになってきた四日市高校3年Sくん

  3. より早く問題を解けるようにしたい、港中1年Tさん

  4. 文章題もできるようになってきました。

  5. がんばってほめられたい、常盤西小学校3年Dさん

  6. 間違えた問題は1回でなおせたのでよかった看護志望のAさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP