できないを一つ一つ潰していくことが合格への近道

閲覧数:62

入試に役立つメンタル・壁の越え方・作文に強くなる

期末テストが終わり、
あとは楽しみな夏休みを待つだけとなりました。

と同時に、1学期内申点の大枠が決まったことになります。

ヤバいなぁ・・・という受験生!

挽回するために残された手は、2、3学期内申点と入試本番の点数です。

ヤバくても、ヤバくなくても、
ゼッタイに気をぬいてはいけないのが夏休みの復習。

受験生にとっては、
じっくりと基礎の復習ができる最後のチャンス。

ふだんは学校の内容に追われて十分な復習はできなかった分、
この夏休みに目一杯復習です。

復習したかしなかったかは、
2学期の学習スピードに反映されるので
こちらからみてると一目瞭然です。

40日間、学習リズムを崩さないことが
当たり前のようでいてとても大事です。

復習するとして、どこからすればいいの?

自分で復習しようとすると、できるところを選択しがちです。
だれだって出来ないことは避けたいですもんね。

でも、その、ちょっとした甘えが、
合否を左右するとなると、目をそむけるわけにはいきません。

方法はこうです。

・教科書をよみかえす
・解説をみる
・つぎの日、そのつぎの日、と解きなおして、解けていくことを実感する

できないを一つ一つ潰していくことが合格への近道です。


まみ先生

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事