生徒の声、親の声

英語表現のルールはその都度覚えていく 四日市高校 1年 Nさん 

英語表現のルールはその都度覚えていく

英語で不規則動詞の活用や、進行形をつくるとき、子音の文字を重ねるか重ねないかは、その都度慣れていく。完了形などを使うときに、時制を意識するけど、副詞節には未来のwillは使えないなどの制約があるから、文の前後をよく読むようにする。
四日市高校 1年 Nさん

先生からのコメント

動詞を過去形や過去分詞にしたり、ingをつけるときなど、子音の文字を重ねるかどうか、これは面倒でも単語に出会うたび、一つずつ覚えていきましょう。
また、時制を常に意識できるようになってきているのは素晴らしい。そこでもいろんなルールがありますから、確実に身につけてください。

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. テストまで時間がないので形だけでも覚える川越国際3年Tくん

  2. いつものことになってしまっている、神戸高校3年Sさん

  3. 今の課題は2つ,スピードと正確さだ!山手中学2年Uくん

  4. きちんと計算が合っているとすごく嬉しい三滝中学3年生Iさん

  5. 繰り返しやらないといけない神戸高校2年Tさん

  6. 比較の表現は多いけど,違いは分かってきた,四日市高校1年Nさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP