生徒の声、親の声

英文は、現在なのか過去なのか、つねに時制を意識する 四日市高校 1年 Nさん

英文は、現在なのか過去なのか、つねに時制を意識する

英語の時制について、否定文でも話法の転換(直接話法⇔間接話法)でも、現在のことか過去のことかを意識する。細かいところまで注意して読む。
四日市高校 1年 Nさん

先生からのコメント

日本人にとっては、いまいち分かりにくいのが英語の時制です。そこから英語に苦手意識が生まれるケースもあるみたいです。否定文や話法の転換など、出会ったその時に、きちんと身につけていきましょう。
話法の転換などのように、主節の動詞が「told」なら、従属節の動詞も過去形にするといったルールは、反射的に対応できるような“くせ”をつけること。それには、やっぱり繰り返すのが近道です。

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. 【入試の意義】将来自分のしたいことのため,大池中学3年Aさん

  2. 本人は毎日でも塾に行きたいと言っています。

  3. スピードを意識しつつ丁寧に解くことを気をつけていきたい、川越高校3年I…

  4. 2年生の数学で1番難しいのが整数の証明、山手中学2年Iさん

  5. 自分なりの英文の覚え方を見つけました 四日市南高 1年 Tくん

  6. 数学の三角比は計算ミスがもったいない高校2年Iくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP