生徒の声、親の声

全体像をとらえるため、パーツに分けて考える 四日市高校 1年 Tさん

全体像をとらえるため、パーツに分けて考える

いくつかのものを一つのかたまりとして見て、そのかたまりの中で、また枝分かれさせるという考え方は、樹形図みたいだと思った。樹形図と同じように考えれば、もう少しイメージしやすくなるかとも思った。書きもらしがないように解いていきたい。 四日市高校 1年 Tさん

先生からのコメント

数学の問題でそういう見方ができるようになったということは、論理的な思考方法が身についてきたと言えるでしょう。 国語の長文を読むときにも、全体とそれを構成するパーツの構造がつかめれば、読解はぐっと容易になります。また英語で、一つのセンテンスが長いときも、構成要素がわかれば構造がわかり、知らない単語がいくつかあっても、大筋の意味はわかったりします。 他の科目の問題に当たるときも、きっと今までより解けるようになると思います。

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. 英語のケアレスミスが多いので直していこうと思う暁小学校6年Yくん

  2. 難しい問題を解くと実力がつく 港中1Sくん

  3. 文章で書かれた問題を式に直すのが苦手な笹川中学2年Mさん

  4. 夏期講習 小論文の練習をはじめだした高校3年Iくん

  5. 物語にポツンとヒントが隠れていたりする,四日市南高校2年Tくん

  6. 新しい英語ワークで納得の正解だった 三滝中学3年Kくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP