慣用表現もテストでは出されやすい、四日市南高校1年Mさん

閲覧数:2

生徒の声

慣用表現もテストでは出されやすい

今日は提出物とスタンダードⅠの復習をしました。独立分詞構文で「with」が使われているときは付帯状況を表し、「〜が〜している状態で」と訳せばいいと分かりました。「judging from〜」や「considering〜」といった慣用表現もテストでは出されやすいと思うのでしっかり覚えていきたいです。

先生からのコメント

テストで出されやすいところを押さえておくことは、重要ですね。先生も分詞構文の慣用表現は、嫌というほどテストで出されました。覚えられない数ではないと思うので、今のうちにまとめて覚えてしまいましょう!言われたらすぐ反応して、答えられるレベルまで持っていけるといですね。単語もそうですが、覚えていて当たり前という知識がこれから増えてきますから、基本となる暗記項目は早いうちにマスターしておきましょうね^^

メール:体験学習はこちらへ

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事