生徒の声、親の声

慣用表現もテストでは出されやすい、四日市南高校1年Mさん

慣用表現もテストでは出されやすい

今日は提出物とスタンダードⅠの復習をしました。独立分詞構文で「with」が使われているときは付帯状況を表し、「〜が〜している状態で」と訳せばいいと分かりました。「judging from〜」や「considering〜」といった慣用表現もテストでは出されやすいと思うのでしっかり覚えていきたいです。

先生からのコメント

テストで出されやすいところを押さえておくことは、重要ですね。先生も分詞構文の慣用表現は、嫌というほどテストで出されました。覚えられない数ではないと思うので、今のうちにまとめて覚えてしまいましょう!言われたらすぐ反応して、答えられるレベルまで持っていけるといですね。単語もそうですが、覚えていて当たり前という知識がこれから増えてきますから、基本となる暗記項目は早いうちにマスターしておきましょうね^^

メール:体験学習はこちらへ

関連記事

  1. 今週から授業が始まって予習中心の英語,鈴鹿高校1年Mさん

  2. 最近,古典が楽しくて,暁高校2年Yさん

  3. 攻略できる!何回もやって、傾向をつかみ、正答率をあげる!、神戸高校3年…

  4. 各自の勉強のスタイルやレベルに合うテキストを 神戸高校 1年 Mさん

  5. 聞かれている文字数を速く正確に抜き出せた朝明中学3年Kさん

  6. 今日は古典の予習をしました四日市南高校1年Hくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP