生徒の声、親の声

✔️点はサラッとしか扱われませんでした四日市南高校1年Hくん

✔️点はサラッとしか扱われませんでした

学校で漢文が始まり、

授業では、
✔️点ぐらいは「できるだろう」と言う形で、
サラッとしか扱われませんでした。

返り点の通りに文を読むことはできても
返り点を打てと言われたら自信がないので

✔️点と一、二点、上、下点だけでも正しく打てるように
したいと思いました。

先生のコメント
最初が肝心です

不安要素が特に強い時期だけに
ちょっとしたことで苦手意識が芽生えてしまうかもしれない、

これが授業の恐ろしさです。

予習は大切なのは
こんなところにも潜んでいます。

メール:体験学習はこちらへ

関連記事

  1. 期末対策,テストが終わったら本格的に受験にとりかかる中部中学3年Mさん…

  2. わからないとすぐ回答を見てしまっていた海星高校年1年Mくん

  3. 発展の問題を教えてもらってわかるようになった海星中学3年Mくん

  4. 数学の証明問題がわかった!橋北中2年Tさん

  5. 入試前日は「かかってこい!」と言えるくらいに自信をつける 山手中学3年…

  6. 三平方の定理と平面図形をやった中学3年Sさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP