生徒の声、親の声

英文法が解けるようになっていたので自分的にスゴイ川越高校3年Sさん

英文法が解けるようになっていたので自分的にスゴイ


will は近い未来で、be going to は少し遠い未来

英文法で
前回、間違っていたところが

解けるようになっていたので

自分的にスゴイと思いました。

今日は、 will と be going to をしたけれど、

見分け方は、will は近い未来で
be going to は少し遠い未来だと思いました。

先生のコメント

そうですね、

けっこう、こんな区別も必要です。

出題されるパターンごとに、
要点を自分の言葉にした文法書を作るといいです。

関連記事

  1. 問題を見たら解法がわかるようになってきた四日市高校3年Sくん

  2. 期末テスト対策,学校の提出課題で かなり役立っている川越中学3年Yくん…

  3. [春期講習]この調子で続けたい,四日市西高校新1年Kさん

  4. 春期講習:春休みの宿題で数学のプリントをした鈴鹿高専1年Mくん

  5. 英語は高校生でも得意なままでいたい、川越高校1年Hさん

  6. 【英語】言い換えて主語とすればいい!暁高校1年Uさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

AI教材 atama+(アタマプラス)

AI教材 atama+(アタマプラス)

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP