生徒の声、親の声

日本語で答えなあかんところを英語で書いてしまった

日本語で答えなあかんところを、英語でかいてしまった


長文の問題でポイントをつかめるようにしたいな
と思った

「このような」、「like this」の文の作り方とかも覚えるようにする。

日本語で答えなあかんところを、英語でかいてしまったりしたから、そこをなくす。

ちょっと長いつづりとかも、ちゃんと覚えておくようにしようと思った。

長文の問題でポイントをつかめるようにしたいなと思った。

⚪︎Watchingとかで、ingがつくときは、DoとかDoesを使わないで、areとかbe動詞を使う。
⚪︎過去進行形のときには、be動詞を過去形にして、一般動詞のところを進行形にする。
⚪︎過去形にするのを忘れないようにする。

先生のコメント

いいところに気がつきましたね、

誤答の80%は、問題の読み違いです。

そこに気がつけば、

次に回答するときは、
何に気をつけなければいけないか、わかるからです。

それと、大事なのは、
下に箇条書きしている内容です。

四日市の塾TheJukuでは、これを内言(ないげん)と言って
とても大事にしています。

ミスを繰り返さないためです。

関連記事

  1. 冬期セミナー:47点と,まちがいはたったの2つ常磐中学3年Oくん

  2. 休校期間を使ってもう少し予習を進めたい,四日市西高校1年Kさん

  3. 英語のつづり、bとdで間違えやすい暁小学校6年Aさん

  4. 数Ⅱの三角関数が・・神戸高校2年Mさん

  5. 塾のように集中できる環境を作りたい橋北中3年Mさん

  6. 算数がいっぱいできた小2 Kくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

AI教材 atama+(アタマプラス)

AI教材 atama+(アタマプラス)

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP