生徒の声、親の声

英文法が前より分かってミスが減った四日市西校1年Kさん

前よりわかってまちがえた数が減った


may、can文が、ややこしくてあまりできません

問題を解くときに
日本語訳を書いてみたら

前よりわかって、
まちがえた数が減ったと思いました。

英語Ⅰでは、
少しまちがえるところもあるので、
できるようにしたいです。

学校で、「〜するにちがいない」とか、
may、can文が、ややこしくてあまりできません。

先生のコメント

その通りです。

みんな、英文法の問題は、
パターンを暗記すればいいと思っています。

なので、問題を見て正解を見つけるときの判断は、
(  )の後ろの文だけです。
ですから、ほとんど勘です。

でも本当は、前の文だったり、
後の文だったりします。

もし100点、取れなかったら、
あなたは大事な入試に落ちてしまう、と考えたら

勘なんかでは
答えられないはずですよね!

助動詞の問題も文脈で決まります。
つまり国語力がなければ文法も解けないのです。

関連記事

  1. 理解するまでの時間が短くなったかも神戸高校2年Mさん

  2. 【冬期講習】理解できるように解説を変化させることが大切,常磐中学3年T…

  3. 夏期講習:英文問題を1日で4回できたことが嬉しかった神戸高校Wさん

  4. 来週末には模試があるので勉強することがたくさんある鈴鹿高校3年Kさん

  5. 学校の英語もスタートして、常磐中学3年Kくん

  6. 初めて数IIをしました鈴鹿高校1年Kさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP