得意な国語なので、意外にすぐ時間が過ぎた神戸中学1年Tくん

閲覧数:3

生徒の声

得意な国語だったので意外とすぐ時間が過ぎていった

IMG_2293
とにかく漢字をもう少しがんばらなければいけな
いな

今日は、得意な国語だったので、
意外とすぐ時間が過ぎていったように思いました。

文章問題でのミスは、わりと少なかったのですが、
読みのミスをしたりとか、
漢字がちゃんと書けていなかったりしたので、

とにかく漢字をもう少し
がんばらなければいけないなと思いました。

先生のコメント

90分ですとか120分学習が終わった後、

あなたが、
「魔法のじゅうたん」に書いた文章を
私の方が一つ一つ読ませてもらうのですが、

気づかせてもらうことばかりです。

わたしは国語が苦手だったので、
国語が得意な子は、いろんな意味でトクだと思います。

一言で言うと、広がりが持てるからです。

「読みのミス」
「漢字をもう少しがんばらなければいけない」
というのも、国語の中の広がりですが、

もっと広げて言うと、
感情をコントロールでき、
人とのコミュニケーションが随分と楽になるはずだからです。

争いの元は、誤解からですし。
相手の気持ちがわかれば、
譲歩だって、できるはずです。

広がり、それはこだわりを捨て
相手の非を許すことだったりすると思います。

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事