四日市南高校志望 どこで間違えたのかを分析する[中3 Tくん]

閲覧数:12

生徒の声

今日、昨日で多くの成長ができました。この前解いた模試は1回やったことがあり、復習のようなものでした。
しかし、いざやってみると全然覚えていなくて、間違いがありました。
その意味を考え、復習の大切さについて学べました。多くの過去問をひたすら解くのも大切なことの1つかもしれませんが、
一番大切なのは間違えたところの見直しだと気づきました。どこで間違えたのか、
それを分析してこそ合格への一歩だと私は思いました。自分の中で数学は、
最後の問題は時間の範囲内で解くことを目標にしています。
まずは、自分の100%正解できるところを正解して
その次に難しいのを解くのはこの塾の○×△の1つだと思います。
こういうところでも、○×△は大切なんだなと私は思いました。
この後数回という短い期間だが頑張りたいです。

【先生のコメント 】
四日市高校に合格するには、合計点で220〜230点がめやすです。
△印をつけた問題は、「頑張れば解ける問題」ですね。
取れるところで絶対に点数を落とさない、
基本問題は確実に点数をとる、
設問をよく読んでケアレスミスを防ぐ。
△印を何度も何度も繰り返すことで、安定して合格点を叩き出せるようになります。

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事