【高校受験2024】三重県立高、全日制の募集定員200人減

閲覧数:19

実施要項の概要によると、2024年度入学者選抜を実施する高校は、
全日制53校126学科・コース、定時制11校18学科、通信制2校2学科。
このうち、全日制は、前期選抜を48校109学科・コース、後期選抜を52校119学科・コースで実施する。

2024年度三重県立高等学校募集定員総数は、全日制課程が前年度比200人減の1万440人、
入学定員を増員する学校は、神戸(普通)、白子(普通)の2校で各校1学級40人増。
一方、減員する学校(学科・コース)は、桑名北(普通)、四日市西(普通)、

検査内容の変更は、四日市農芸の全学科において、前期選抜の集団面接を廃止し、
個人面接と作文を実施、面接時間は7分程度から10分程度へと変更する。

桑名(衛生看護科)は前期選抜の集団面接の時間を20分程度から15分程度へ変更する。

2024年度の前期選抜は2024年1月23日から26日まで願書を受け付け、各高校が指定する1つ以上の検査を2月5日と6日に実施、
合格内定を2月15日に通知する。

後期選抜は2月22日から28日まで願書を、3月4日から6日まで志願変更を受け付ける。学力検査は3月11日、合格発表は3月18日に実施する。