四日市高(国際科学)合格 Tくん

閲覧数:20

生徒の声


(1)夢の始まり
 中学2年生のときに受けた塾のテストで四日市高校普通科の可能圏に入ったことで四日市高校を目指してみようと思いが芽生えたこと。
(2)一番つらかったこと
 冬休みから2月くらいまで模試で自分の納得する点数をあまりとれない、というのが続いたこと。
(3)師との出会い
 国際を第一志望にして、スライドを狙っていたときに先生に「スライドをあてにしないほうがいい」と言われて、自分はスライドがあることに甘えて逃げていたんだと分かり、国際合格にちゃんと照点をあわせられるようになった。
(4)栄光と凱旋
 合格者の番号が書かれているPDFで国際に自分の番号があったときは母と抱き合って喜んだ。
その後、他の合格した友達と高校に行って入学の手続きなどをもらって実感が湧いてきた。
(5)今の喜びの気持ち
 この1年間、いろいろ悩むことがあったし、上手くいかないときもあったけれど最終的に自分が思い描いた進学先に進めて本当に嬉しい
(6)The Jukuでやってよかったこと
 過去問や入試本番に近い実践的な問題を何度も何度も演習できたこと。
(7)The Jukuの後輩に究極アドバイス
 上手くいかなくても考えすぎないようにしてください。

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事