【冬期講習】すらすら解ける問題ばかり解いていた山手中学3年Sさん

閲覧数:18

生徒の声

すらすら解ける問題ばかり解いていた

自分の苦手なところに目をそむけ、すらすら解ける問題ばかり解いていた、と
いうAさんの言葉がとても共感してしまいます。

たくさん問題を解いていた方が、私はこれだけたくさんやったという、
物質的な証拠になるし、たくさん置いておいたほうが気持ちがとても楽だからです。

今回○ × △を振ってみて、
わかるもの、本当はできたものがこんなにたくさんあるのか、という感じだし、
△のものに力を入れたら、△が ○になったので、
このやり方は本当に正しいと思います。

でも、私は負けず嫌いだから、△は書いても×は書きたくない。
全部解いて、全部わかるようにしたいと思っている自分がいます。

自分が納得いくようにするためにも、やっぱり毎日の積み重ねが大事で、
自分はまだまだ未熟だなんだと実感した1日でした。

今日帰ったら自分で△をつけたところを復習し、国語の漢字をしようと思います。
そして国語の文章問題を教えてもらったように取り組んでみようと思います。
自分のために頑張って勉強します。

先生からのコメント

方法がわかる、
このことがやる気につながります。

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事