ルートを含んだ式は、どこまで簡単にできるか考える 中部中学 3年 Iさん

閲覧数:14

生徒の声

ルートを含んだ式は、どこまで簡単にできるか考える

今回は、分母に√がある場合の式変形について考えていきました。また、√〇〇のときに、a√bと表し方を変えられるかの確認を忘れないこと。そして、a√bの形にする際には、工夫をして、2乗の形に表せるように、計算がスムーズにできるようにしたいです!
中部中学 3年 Iさん

先生からのコメント

ルートを含んだ式をあつかうときの“あるある”。
分母にルートの数がある式の、分母を有理化する際に、有理化できて安心してしまうのか、約分を忘れること。あと、ルートの中の数字を、2乗の数(4や9)の掛け算で表せるのに、それに気づかない、なんてことも。
慣れるまではもちろんですが、慣れてからもなおのこと丁寧に、途中式をきちんと書いて進める、これ鉄則です。

メール:無料体験学習を予約する

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事