生徒の声、親の声

英語の慣用的な表現も覚えて和訳をスムーズに 四日市南高 3年 Hくん

英語の慣用的な表現も覚えて和訳をスムーズに

基本英文700選の和訳をしていると、ところどころ慣用表現(と言っていいのかわかりませんが、決まった訳をする構成、例えば leave school:学校を卒業する)があり、訳に困ってしまうことがあるので、このような表現も覚えてスラスラ訳ができるようにしたいです。
四日市南高 3年 Hくん

先生からのコメント

英語の慣用的な表現や言い回しは、いくら考えたからといって訳が湧いて出てくるものではありません。教科書や参考書に出てきた単語から覚えたり、文中での使われ方を覚えておくことが和訳上達のコツです。辞書を引いて確認するのはもちろん、移動中に気になったら、ネットで検索してみるのもいいでしょう。

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. 数学が全然できなかった四日市南高校志望,常磐中学3年Iくん

  2. ちょうど自分が自力で解けない難易度,附属中学Mくん

  3. 夏期講習 国語の読解法がわかってきた暁中学1年Mくん

  4. 中学校の基本問題が役立ちそうだな、川越高校1年Hさん

  5. 評定平均に関わる最後の定期考査になる神戸高校3年Nさん

  6. 夏期講習 90分たつのがとても早く感じられた橋北中学1Aくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP