生徒の声、親の声

空間図形の考え方が少しつかめてきました 笹川中 1年 Oくん

空間図形の考え方が少しつかめてきました

今回は、空間図形(立体)の計算でつまずくところがありました。
ある直方体を半分にして三角柱にしてから、三角錐を切り取った立体の体積を求める問題がありました。錐の体積は同じ底面と高さを持つ柱の3分の1になるので、三角錐を切り取った形を求めるときは、三角柱の3分の2を計算したらいいと分かるようになりました。
笹川中 1年 Oくん

先生からのコメント

図形や立体の問題は、数式ばかりが並ぶよりは具体的に見えて、ある意味、考えやすいかもしれません。けれど、補助線の引き方などがわからないと、お手上げ状態になってしまうことも。必要なのが、見る角度を柔軟に変えてみることと、ちょっとしたひらめきです。今回の気づきが、そんなブレイクスルーのきっかけになることを期待しています。

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. センターの数学1と数学Aを解くことができた鈴鹿高校1年Kさん

  2. 3時間で学校のワークと教科書の問題を全部復習 鈴鹿高校2年Kさん

  3. 数Ⅰはめちゃくちゃ進むのがはやくて追いつけない、川越高校1年Hさん

  4. 間違えたところは見直せば分かる看護系志望Kさん

  5. 意識していなかった段落ごとのつながり高田高校

  6. 今まで作文練習をたくさんしてきて南中学3年Kさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP