第一志望の合格に心配なこと、港中3年Tさん

閲覧数:3

生徒の声

第一志望の合格に心配なこと

第一志望はKLASで、合格の心配は英語と願書に書く内容。
英語は、文法も長文も、年度によって、できる時とできない時がある。

また、願書の志望動機や卒業後の進路など様々な項目をしっかりと
考えて埋めなければいけない。

夜も寝られないくらいの恐怖は、入試が近づいている実感がないのか、
過去問をたくさん解いたからなのかあまりないように感じる。

先生からのコメント

できる時とできない時があると心配になりますよね。
「なぜできたのか」、「なぜできなかったのか」、「どこが難しかったのか」をみていくと、
自分の課題がもっと詳しく見えてくるので、より精度の高い準備をして入試を迎えられると思います。


願書については、しっかりと自分と向き合って、それを言葉にして伝える必要がありますが、
KLASにいきたい気持ちが強く心にあれば、大丈夫です。入試で合格してからが新たな学校
生活のスタートですから、入学後の自分のイメージを存分に膨らませて、自分の想いを書い
てみてください。

入試の日、「できることはやった。あとは、今までの全部を出して、結果を待つのみ!」と思え
るように、残りの時間できるかぎりやっていきましょう。

メール:無料体験学習を予約する

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事