生徒の声、親の声

長文読解は線の付近を中心によく読みたい橋北中学3年Tくん

問題をしっかり読めばケアレスミスの数が減ると思う

IMG_1712
長文は問題の選択肢の近くが答えになる場合が
多い

長文は問題の選択肢の近くが答えになる場合が大事だなと思いました。

なぜなら、英語の長文の心の中を答えるのは、文章中にある場合が多いし、

線の付近に答えがある場合も多いからです。

それに、問題をしっかり読めばケアレスミスの数が減ると思うので

これからは長文読解は線の付近を中心によく読みたいです。

先生のコメント

素晴らしいです。
よく気がつきましたね。

その通りです。

みんな、長文は苦手です。
だから、なかなかやりません。

ここでは演習をたくさんします。

頭では分かったつもりでも、
テストになるとできないからです。

新しいところでも、実力に合わせて
どんどん先に進みます。

受け身の学習でなく、
自分から未知の世界にチャレンジ

苦手なところでも、
楽にできるように

毎回、テキストを準備し
編集した問題をたくさんお渡ししています。

関連記事

  1. 幼児教育のおかげか、それとも高校時代にガンバったからか?(2)栗野先生…

  2. 数Ⅱのフォーカスゴールドで基礎問題,四日市高校1年Rくん

  3. 中学受験を考えています

  4. 「He was late for school.」が成り立つのだ!!、…

  5. 最近,古典が楽しくて,暁高校2年Yさん

  6. 夏期講習 あと20回ぐらい夏休みが欲しい桑名高校3年Nくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

AI教材 atama+(アタマプラス)

AI教材 atama+(アタマプラス)

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP