生徒の声、親の声

英語も主語に線を引いて問題を解く笹川中学3年Kさん

関係代名詞の主語になる所に線を引いて問題を解く

IMG_1625
テストの所も、もう一度復習しておこう

関係代名詞を置く位置をよく間違えるので、

日本語の文の主語になる所に線を引いて問題を解くようにします。

そうすると、前より理解できたので
これからもそうしようと思いました。

テストの所も、もう一度復習しておこうと思います。

先生のコメント

すばらしい気づきです。

その通りです。

関係代名詞というと、先行詞が出てきますが
これだけだとwho whoseの区別はついても解けません。

英文が長くなると訳せません。

大事なのは、関係代名詞の後です。

これが分からないと高校に行って
When Whereの関係副詞ができなくなるからです。

関連記事

  1. 文章の要約問題をやりきれて良かった 四日市高校 1年 Tさん

  2. 現代文で大切なことは、ジャンル、テーマ、主題を読み取ること,Iくん

  3. 授業が進むまでに英語を完ぺきにしたい四日市南1年Yさん

  4. 『むずかしい問題』は、まず問題文を正確に読み取る 港中 3年 Nくん

  5. 初めて夢が叶った瞬間!四日市西高校合格Nさん

  6. 期末テストは5番上がった港中学2年Mくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

  1. 回を重ねる

    2024.02.21

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP