生徒の声、親の声

英語も主語に線を引いて問題を解く笹川中学3年Kさん

関係代名詞の主語になる所に線を引いて問題を解く

IMG_1625
テストの所も、もう一度復習しておこう

関係代名詞を置く位置をよく間違えるので、

日本語の文の主語になる所に線を引いて問題を解くようにします。

そうすると、前より理解できたので
これからもそうしようと思いました。

テストの所も、もう一度復習しておこうと思います。

先生のコメント

すばらしい気づきです。

その通りです。

関係代名詞というと、先行詞が出てきますが
これだけだとwho whoseの区別はついても解けません。

英文が長くなると訳せません。

大事なのは、関係代名詞の後です。

これが分からないと高校に行って
When Whereの関係副詞ができなくなるからです。

関連記事

  1. 夏までに英語をがちがちに詰める桑名高校3年Nくん

  2. 数Ⅱの対策プリントをひたすらしました川越高校2年Nくん

  3. 夏期講習:もっと基礎を固めたいセントヨゼフ高校3年Sさん

  4. 古典の活用形がすっ飛んでいってる四日市南高校1年Kくん

  5. 春期講習:数Aの復習ができてよかった鈴鹿高校1年Kさん

  6. 今の受験前になってから後悔しています常磐中学3年Kくん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

AI教材 atama+(アタマプラス)

AI教材 atama+(アタマプラス)

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP