生徒の声、親の声

論述問題の答案が書けるようになった鈴鹿高校3年kさん

現代文の要約練習をしています。

sIMG_0843

自分で書いていて中身が薄いなと思う事が少なくなってきました。

▼先生のコメント▼

「漢文の記述で答えがブレます。漢文の何をしたらいいですか?」

漢文で記述の問題にケリをつけようと思ったら、
やはり、現代文の要約練習をするのが一番です。

もちろん、漢文でも記述はできますが、
漢文には句法の問題があって、要約問題は少ない。

現代文で練習したほうが近道なんですね。
これは、古文、英語の長文、みな同じです。

彼女は古典をぐんぐん引き上げてきました。

答えを書く時、正解よりブレるので、できるだけ設問に寄り添う答に練習します。

設問に寄り添う答と言うのは、主語と述語を一致させるということです。

「自分で書いていて中身が薄いなと思う事が少なくなってきました。」
と言ってきたのは、これがうまくいってるからです。

関連記事

  1. 自分の覚え方とかやり方とかを思い出した、四日市商業2年生Bさん

  2. スマホやテレビ本当に必要な時だけ,中部中学3年Mさん

  3. 対数の加減でわからないところメリノール2年Yさん

  4. この調子で進めていきたい,海星高校新1年Wくん

  5. 自分なりの考え方を見つけて解くのが大切,川越高校1年Sさん

  6. 夏期講習 読解問題一つしか間違えなかった山手中学3年Sくん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP