手がとても痛くなる程、英語を書いた中部中学1年Kくん

閲覧数:17

生徒の声

手がとても痛くなる程、英語を書いた

sIMG_0850
たくさん解いて、たくさん間違えて、
クリアしていきます。

今日は手がとても痛くなる程、英語を書きました。

いっぱい間違えたけど、その分いろいろな単語を

確認することで、間違いが減ると思います。

▼先生のコメント▼

問題が正解できるということは、それだけ多くの間違いを
正してきたということです。

「ああ、わたしはここが実は理解できてないんだ」
と自分の弱点を再確認できたKさん。

自分の弱点を知っている人は、成長します。

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事