筑波大学 総合学域群 理系Ⅲ 合格 四日市南高3 Tくん

閲覧数:17

生徒の声


(1)夢の始まり
 面談のときに塾長から、いろいろな企業の採用大学の一覧を見せてもらったときに、筑波大があったこと。
高い所に行きたく、最初は名大と筑波で悩んでいたが、立地や一人暮らしをすることを考えたときに「筑波だな」と思い、そこを選んだ。

(2)一番つらかったこと
 僕は国語が苦手であまり好きな教科ではなかったので、能力を上げるのがとても難しかった。
一度感覚をつかんでも、時間が経つと忘れてしまうことがときどきあった。
また、共テで点があまり取れなかったときはとても辛かったです。

(3)師との出会い
 親のすすめです。
国語力を上げる塾として親からすすめられたので、TheJukuへ行こうと決めました。

(4)栄光と凱旋
 勉強をする上で物事をインプットするときは、仕組みを理解することを意識しました。
僕は理系なので、公式や定理を覚えるときに成り立ちや使われ方を、教科書を読んで理解するようにしていました。
また問題を解くときは、何をおさえればよいかを毎回考えて、解答の方針を立てるようにしていました。

(5)いま喜びの気持ち
 正直、合格発表を見るまでは落ちたと思っていたので、合格と知ったときはとても驚きました。
共テで思うように点が取れなかった上に、二次で計算ミスが見つかったときは「もう無理だ」と思いましたが、本当に諦めなくて良かったと思います。
第一志望校に受かってうれしいです。

(6)TheJukuでやって良かったこと
 僕は週一で国語の授業を受けていたのですが、国語力をつけることで、文章を読み解き、要約できるようになったと言う点では、ここに来て良かったと思います。
学校の授業で先生が言ったことや、教科書に書いてあることを、自分で説明してみることで、他の教科もすぐに理解できました。

(7)TheJukuの後輩に究極アドバイス
 共通テストは国公立大学を受ける際には、本当に命となるので、早めに勉強することをおすすめします。
また一度決めた夢は、少しでもいけそうと思ったらずっと持ち続けてください。

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事