生徒の声、親の声

一人一人違う「苦手」に応じて先生が問題を選ぶ

一人一人違う「苦手」に応じて先生が問題を選ぶ

中3生は、先週の土曜日に初めて三重県の高校入試を解きました。制限時間内に解くための時間配分も練習しています。

特に英語は「長文読解メイン」な入試のため、みなさん「難しい」と危機感を感じていました。
危機感を感じることは良いことです。
9月現在の時点で「長文やばい!」と気づくのと、12月の冬期講習になってから「長文やばい!」と気づくのとではどちらが入試に有利かは一目瞭然ですね。
自分の弱点を早い段階で知っておけば、それだけ早くから問題に対処できます。

さて、みんなが苦手な長文読解ですが「長文読解が苦手」と一言で言っても、いろんな「苦手」があります。
例えば
①単語が分からなくて内容が読み取れない
②単語一つ一つはわかるのに、文になると意味がわからない
③本文の内容は読み取れているのに、正しく答えられない、などです。

対処法はあります。
①が苦手な子は、基本的な単語を覚えれば読解力が身につきます。
②が苦手な人は、短い英語の文を日本語に直す練習をすればO Kです。
③が苦手な人は国語の力が弱いことが原因なので、まずは設問を日本語に直したもので全
問正解を目指しましょう。

The Jukuでは、一人一人違う「苦手」に応じて先生が問題を選んでいます。
「この子は①のタイプだな」、「この子は③のタイプだから国語の選択問題に強くなれば、英語も強くなる」というのを、指導しながら先生が感じ取り、次の学習に活かしていきます。

業務企画室長 内田ありさ

メール:無料体験学習を予約する

関連記事

  1. 国語のどこに注目して,どこが要点かがわかった

  2. 国語のテスト直しで、文法とかが難しい山手中学3年さん

  3. 今回のテストでも学年1ケタ目指していきたい神戸高校3年Yさん

  4. 分詞や関係詞の問題を解くコツ,四日市南高校1年Yさん

  5. 勉強と部活って どのように両立したらうまくいきますか神戸高校1年Mさん…

  6. 数学,新しいところに入って難しかったけど常磐中学2年Yさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP