誰が何をしているのか、誰が誰に話しているのかを理解する、神戸高校3年

閲覧数:1

生徒の声

誰が何をしているのか、誰が誰に話しているのかを理解する

古文は主語、述語に注意する。誰が何をしているのか、誰が誰に話しているのかを理解し、わかりやすくマークするのが重要。漢文も同様。

先生からのコメント

古文で主語を見失うと内容がさっぱりわからなくなりますよね。また、選択問題だと内容を全く履き違えて読解している場合が多くみられます。主語と述語のつながりや登場人物の関係など、しっかり印をつけて解きましょう!

メール:体験学習はこちらへ

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事