夢なら 覚まさないで!推薦入試合格対策

閲覧数:4

生徒の声

あなたは一般入試と推薦入試、どちらですか?

国立大学の合格者は8割が一般入試、私立大学は約5割が推薦・AO入試です。

推薦入試というのは、基本的には学力試験を行わず、
高校の成績を数値化した評定と、
面接や小論文などによる人物評価、
志望動機、学部・学科に対する適性、入学後の意欲などを見て行われる
選抜方法です。

東大や京大も推薦入試を始めました。
三重県のおもな国立大学の推薦を見て、びっくりされる方も多いでしょう。
[table id=17 /]

推薦・AO入試は、万が一不合格でも、
一般入試で再チャレンジすることができるので、やってみる価値があります。

推薦入試にはどんな種類があるのでしょうか?

公募制一般推薦入試
高校の指定がなく、評点平均値など各大学の出願条件を満たし、
高校から推薦書がもらえれば、誰でも受験できる推薦入試です。
主に高校での学業成績が問われるので、日々の学習で成果を出している人はお勧めです。

公募制特別推薦入試
評点平均値が出願条件となる公募制一般推薦と異なり、
特別推薦は、スポーツや文化活動などの実績を持っていることが条件となります。
自信を持ってアピールできる実績がある受験生にお勧めです。

指定校推薦
大学が特定の高校を指定して実施する選抜方法です。
出願希望者は、高校の中での選考を経たうえで高校の代表として出願するので、
出願後の合格率はほぼ100%です。
大学での選考は小論文と面接のみの場合が多くなっています。

AO入試
AOは「学力以外の視点で大学にふさわしい人物を募集する入試」として
多くの大学で実施されています。
選抜方法は大学ごとに異なりますが、いずれも強い志望動機が必要です。


 

上の合格実績は過去の累計で、推薦と一般入試の合格者合計です。

体験学習のお申込みは、メール:でもできます
電話のお問合せは無料0120-54-9881です

推薦入試対策のお申込みは こちらです。
[contact-form-7 id=”29330″ title=”【新】推薦入試対策を始める”]

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事