生徒の声、親の声

分詞はbe動詞をけすと 分かる四日市西高校1年Kさん

分詞はbe動詞を消してやると分かりやすくていい

aIMG_2736
動詞の部分を変えるのを忘れないようにする

分詞の時に、

もしわからなくなったりしたら

いちど、関係代名詞の文を作って
それから

which is とか

that is とか

who is とか

そのあとについてくるbe動詞を消してやると
分かりやすくていいなと思った。

〜しているとか、

〜された、

〜されているとか、

いろんなパターンがあるから
動詞の部分を変えるのを忘れないようにする。

先生のコメント

大学入試で一番ねらわれるのが分詞だと思います。

不定詞を使うのか分詞を使うのか?

そういった判断を問われることも、もちろんですが、

〜ed を使うのか、〜ing を使うのか という問題もよくでます。

「いちど、関係代名詞の文を作って」判断するのは
正解ですね。

こう考えると、

〜ed か、〜ing かは、

古典と同じです。

「助詞」が省略されるから、
名詞が主語なのか目的語なのかは、
ちょうど、関係代名詞の文を作って解くのと同じだからです。

また、
解釈をするときなんかも

「〜している」

「〜された」

「〜されている」の区別を意識することが大事なのは、

ちょうど、古典の助動詞、

「き、けりの過去」、

「たり、ぬの完了」や

「りの存続」の訳に

注意が必要なのと同じです。

学習とは、区別、そして統合です。

関連記事

  1. 要約をしてポイントを自分で見つけ出した港中学3年Tさん

  2. 集中できるTheJukuの環境で、もっと集中! 四日市商業高校 3年 …

  3. 4つのパターンの式をしっかり覚えておきたい南中3年Kさん

  4. いっぱい勉強したいという気持ちになってきます,小学5年Tさん

  5. 【志望校合格に重要だと考えること】工夫です。大池中学3年Aさん

  6. 夏休み中に長文国語を速く正確に 解きたい常磐中学2年Mさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

  1. 回を重ねる

    2024.02.21

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP