レッスン4-1に入ってがんばる山手中学1年Iさん

閲覧数:15

生徒の声

レッスン4-1に入ってがんばる山手中学1年Iさん

sIMG_1181
内容がすこし難しくなってくるのでがんばりたい

今日は英語をした。

学校では、まず1学期の復習をしてから
レッスン4-1に入りました。

内容がすこし難しくなってくるのでがんばりたいです。

単語も習っていくので、
1つ1つ覚えていけたらなと思っています。

先生のコメント

そうです、いっしょにがんばりましょう。

学習と言うのは、自分にぴったり合った方法を見つけることと、
学んだことから、一つ一つ「気づき」を得ることです。

それと大事なことを言います。

それは、英語ぎらいは、中学1年生の夏から始まるということです。

2009年に全国の中学2年生2、967人に行った調査によると、

とても得意、やや得意が38%
ややニガテ、とてもニガテが62%

早くも、中1の段階で6割以上がニガテになる事実。

そして、

この「やや苦手」「とても苦手」と回答した1、833名に、
「いつから苦手なのか」を尋ねたところ、

中1の夏休みの後から、と答えた子が圧倒的に多かった。
中1の夏休み後から英語が苦手な子が増えるのが現状です。

そして、どうして苦手になってしまうのか、その原因を聞くと、

1、文字が読めない、書けないこと
2、日本語と英語の語順の違いが理解できていないこと
3、ノートをとるだけで満足してしまうこと
がベスト3です。

分かったつもりになる授業、
写すだけで、自分で考えない授業、その功罪は大きいです。

さらに、気がついてない人が多いのですが根底には国語力不足がひそんでいます。

TheJukuでは、演習を中心にスピードと大量の練習問題を用意。
あなただけの問題選びをしています。

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事