夏期講習 このやり方で読解をどんどん解きたい暁中1年Mくん

閲覧数:13

生徒の声

この方法でどんどん問題を解いていきたい

sIMG_1192
大切なところに線を引くというやり方でやると、
やりやすく長文でも活用できました

今日は国語の読解をしました。

今回も大切なところに線を引くというやり方でやると、やりやすく長文でも活用できました。

この方法でどんどん問題を解いていきたいです。

そしてまだ「1文の問題」や「文の問題」が苦手なので、もっとよく問題を見て解きたいです。

先生のコメント

がんばってますね。

「大切なところに線を引くというやり方が、
長文でも活用できた」と言っています。

ただ、課題がすこし残っているようです。

それは「1文の問題」や「文の問題」です。

「1文の問題」というのは、

作者は何がいいたいのですか、
「1文」で書き抜きなさい、という問題です。

800字程度の長い文章から、その箇所を選ぶのも大変ですが、
たとえ正しい個所が選べたとしても、

「1文」の意味が解らなかったり、
「1文」を見落とし、無視して答えたりするとバツになってしまいます。

「1文」とは「。」の次の文字から「。」まで。
文章の途中からはじめたり、途中で切ってしまうと正解にはなりません。

国語がなぜむつかしいかといえば
読解力解答力が必要だからです。

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事