文法をどうやって覚えられるかを考えて勉強,中部中学2年Eさん

閲覧数:4

生徒の声

文法をどうやって覚えられるかを考えて勉強

今回は、
文法をどうやって
パッパと覚えられるかを
考えて勉強しました。

活用があるから助動詞、
「〜を」が必要なら他動詞
など工夫しました。

普通に問題を解くより、
文法が覚えられたと思います。

要約は、前回より
少し文章が多いものをしました。

「〜し、」「〜して、」「〜もし、」などの「し」を消したら良いことに
なかなか気づけなくて

時間が足りなくなってしまいました。
次、もう一度してみようと思いました。

先生のコメント

ここでは、深い学習ができます。

ただ、目だけ活字を追う学習と
字の中に吸いこまれる学習、

わかりますよね?
きっと経験があると思います。

知らないうちに もう、こんな時間!
ハッとする経験です。

その効果は、明らかに違います。
学習とは気づきです。

メール:無料体験学習はこちらへ

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事