生徒の声、親の声

不定詞を日本語に訳すとき大変です、四日市南高校1年Yさん

不定詞を日本語に訳すとき大変


たくさんの用法があり、使い分けるのが難しか
った

今日は不定詞をやりました。

たくさんの用法があり、
使い分けるのが難しかったです。

日本語に訳すときの
前から訳すのか後ろから訳すのかを
考えなければならないので大変でした。

先生のコメント

学習で難しいと感じるのは、
「場合分け」がある問題です。

「前から訳すのか、後ろから訳すのか」
と言ってますね。

このようなのも「場合分け」です。

たとえば、only toのように結果的に
訳すのが決まっている用法を別にすれば、

文章を読んで文脈で判断するわけですが、

そうすると、英語にも
当然、国語力が必要になってきます。

四日市塾TheJukuでは、

5教科の成績を上げるだけでなく、
将来、ますます必要になってくる
国語力をつける練習をしています。

関連記事

  1. 休校期間中に解き直したい,四日市西高校1年Kさん

  2. 冬期セミナー:けっこう長文の問題も 解けるようになってきました

  3. 長文を読むスピードも速くなった中部中学Mさん

  4. 夏期講習,新学期に入ったら読み違いをゼロ、確実な勉強をする

  5. 円の接線と二点間の距離など意外とできた鈴鹿高専1年Kくん

  6. 冬期セミナー:本当に志望校に合格できるのかな港中学3年Kさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP