生徒の声、親の声

不定詞を日本語に訳すとき大変です、四日市南高校1年Yさん

不定詞を日本語に訳すとき大変


たくさんの用法があり、使い分けるのが難しか
った

今日は不定詞をやりました。

たくさんの用法があり、
使い分けるのが難しかったです。

日本語に訳すときの
前から訳すのか後ろから訳すのかを
考えなければならないので大変でした。

先生のコメント

学習で難しいと感じるのは、
「場合分け」がある問題です。

「前から訳すのか、後ろから訳すのか」
と言ってますね。

このようなのも「場合分け」です。

たとえば、only toのように結果的に
訳すのが決まっている用法を別にすれば、

文章を読んで文脈で判断するわけですが、

そうすると、英語にも
当然、国語力が必要になってきます。

四日市塾TheJukuでは、

5教科の成績を上げるだけでなく、
将来、ますます必要になってくる
国語力をつける練習をしています。

関連記事

  1. 学年末テストの点数を息子が教えてくれました高校2年生Yさん

  2. 古典のセンターの問題をしました,四日市高校1年Kくん

  3. 数学が解くのも速くなり解いていて楽しい南中学3年Nさん

  4. 今までにやったことのないような国語の勉強法,川越国際1年Iさん

  5. どれだけ慶應の問題に対応できるか高田高校Iくん

  6. 今日はテスト前、最後の塾でした中部中学3年Eさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP