夏期講習 苦手な国語がわかって嬉しい三重平中学1年Yさん

閲覧数:12

生徒の声

苦手だった国語がわかるようになって嬉しい

sIMG_1229
まだわからない部分もあるので、これからも
がんばっていきたい

今日はしっかり集中して勉強することができました。

今まで苦手だった国語が少しだけわかるようになってうれしいし、
国語は楽しいものだと実感する事ができたのでよかったです。

まだわからない部分もあるので、これからもがんばっていきたいです。

先生のコメント

いいですね、

「今まで苦手だった国語が少しだけわかるようになった」んですね。
みんなは、学習を何となくやってる感じです。
ああ、こうすれば5教科できていく・・・といった確信がないんです。

なぜなら学習とは気づきだからです。

彼女はここ、大事なところに気がつきました。
国語がわかれば、あとの数学応用問題は計算練習を積んで問題に解きなれる事ですし、
英語は、文法を済ませたあとは、わかってきた国語をバネに長文読解問題ができて、さらに自信がついていきます。

理科や社会は、国語力を使って重要ポイントを整理して、暗記する方法が使えますから、
ある意味では、受験勉強をやり抜く方法をすでに見つけた事になります。

「今まで苦手だった国語が少しだけわかる」とは、
数学で100点取った!ですとか
英語で100点取った!より
もっと大きい、5教科の学習法がわかった!ということです。

お知らせ&イベント情報
読み込み中... 読み込み中...

関連記事