秋の収穫祭,The Jukuの国語を始めてください

この塾では生徒さんお一人ひとりに問題を選んでいます

お子さまが学習した答案は次回までお預かりしていて
お預かりした答案を見て、私どもはお子さまの学力の定着状態を判断、
できるところは先の問題に進み、弱いところは同じ問題をくり返します。

ですから毎日、午前中は、本日分の授業準備、1題1題、問題を精選していて、さながら戦場です。
そこに2歳1ヶ月の凪咲さんが「*+?・」アラビア語?を喋りながら教室を動きまわります、
ミッキーマウスの遊具が動かないと「ままー」「ままー」と訴えてきます
先生たちが、こちらでミーティングをしていると、「うえ〜ん」「うえ〜ん」と泣いて自己主張してきます
もう、感情のままに動きまわっているのですが、相手をする暇はありません

そんな凪咲さんですが、先日、教室の入り口で、ニタニタして
こっちをしばらく見ているシーンがありました。
ハッとしました。
明らかに様子が違う、何もしゃべらない、ちょっと怖いです。

そういえば、最近です。
カラーボールを黄色、赤、と区別できたり、
「あれ、ないっ!」「あっち」「いや!」「もっと」「ちょうだい」が言えたり
雨のあとのお散歩で、水たまりジャンプしたサンダルを見せて、ビショビショと言ったり
お兄さんの名前を言うと、安濃の自宅に帰る準備でサンダルを探したり、
究極は大人の顔色をうかがいながら、気を引く演技を見せたりしていました、

わかったんです、
なぜしばらく見て、ニタニタしていたか、

きのうまで、
「ほしい」「うれしい」「好き」「いや」の感情
それを、声が出たり、涙が出たり、走ったり、熱くなったり、して感情をおさめていたんです、

それが言葉数が増えて、この瞬間、ある感情が、ある言葉になった
言葉になったらラクになった、
感情に左右されないで済むことがわかった、
その瞬間だったと思います

凪咲さんが教室の入り口で、見つけたのは
言葉にできて、感情に振り回されない自分の発見です、
そして、ニタニタしていたのはワンランク高めたその瞬間だったと思ったんです

メール:無料体験学習を予約する

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

AI教材 atama+(アタマプラス)

AI教材 atama+(アタマプラス)

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP