成績アップする個別指導の先生

あなたが主役、だからやる気になる数学

増田真巳先生 数学部長 国語、社会担当

P1030159(1010)
入試は一人で戦う。今日も極限
まで集中する。

中学1年の春、
四日市中部西中学から横浜のくもん国際学園入学。はじめて全寮制の生活に入る。

さぱさばとしたストイックな性格。間違ったことをきらい、常に正義を主張する。教室の清掃や整理整頓も行き届く。

集中できてないと、見かけによらずビシビシ手厳しい。

子どもたちから恐れられているのかと思いきや、優しい先生と評判がいい。

手厳しくしてほしいと思う子もいるくらいだ。
不思議だ。なぜだろうか。

学習の方法に4通りある。

人は自分の学び方がベストだと思っている。

ご存じない教育者が多いのだが、
どこの先生も、自分のやりかたで教えようとする。

たとえば、A先生は、小学校の時からAタイプの学び方をしてきた。
だから勉強は自分のAタイプがベストだと思っている。

ところが、BくんはBタイプ、CさんはCタイプ、DくんはDタイプの学び方がベストなのに、
A先生はそのことを知らないまま、Aタイプの教え方を強要する。

生徒の4分の3が授業がわからない。
それをA先生は、「なんどいったらわかるんだ?」と懐疑的になる。

真巳先生は、そこに気がついた。
学習の主役を生徒にさせる。

子ども本人の考え方、解き方にとことんつき合うのだ。
もちろん、わからなければ徹底的に教える、
なんどでも教える。

学習は、先ず自分のやり方で解く
速いやり方は後で学べばいい。

遠回りのやり方でも、
なぜ、このやり方では合わないのか、
どうすれば合うのか、

試行錯誤が自信につながるからだ。
人生と同じではないか。

先生は速いやり方をさせようとする。
だから、子どもは暗記に走る。
暗記に走るから、応用が利かず、あとで崩れる。

真巳先生は観察が得意だ。
どんなやり方をするのか?
生徒に合わせたフリースタイルの個別指導

子どもはわかってくれる人のためならがんばれる。
もっとやりたいという子が多いのは、
子どもと一枚岩になった指導ぶりですよと保護者はいう。

関連記事

  1. あなたに最高の英語、数学の学力をつける

  2. 期末テスト対策にご参加ください

  3. 課題から逃げる,基本から逃げる,くり返しから逃げる,決戦から逃げる,困…

  4. あなたの英語を最高にする魔法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP