三重県高校入試前期選抜の日程

入試情報

 

令和5年度(2023年度)入試日程

 

【前期選抜】
  検査実施日2023年2月2日、2月3日
    合格内定日2023年2月14日

 

前期選抜の日は高校によりちがいます

高等学校名
学科2月2日(木)2月3日(金)
桑名
衛生看護科
桑名北
桑名工業
いなべ総合学園

Δ
I • II
(△「一部の受検者が検査)
Δ

(△「一部の受検者が検査)
四日市西普通科・比較文化・歴史コース/
普通科・数理情報コース
朝明
四日市 四郷
普通科
四日市 四郷
普通科・スポーツ科学コース
四日市工業
四日市中央工業
四日市商業
四日市農芸生活文化科
四日市農芸生活文化科以外の学科
菰野
川越国際文理科
神戸理数科
飯野

また、注意したいのが
・面接または自己表現、実技検査、作文または小論文、学力検査等の中から
 指定の検査が行われるが、検査内容は高校によってちがう。
・選抜資料と検査の結果を総合し判断される。
・前期選抜で合格内定者となった場合、合格が内定した高校に入学することになる。
 そのため後期選抜には出願できない

 

【後期選抜】
検査実施日 2023年3月9日
合格発表日 2023年3月17日

 

また、注意したいのが
・学力検査:英語、数学、国語、理科、社会の5教科合計点(各50点×5=250点満点)。

 

内申点の計算方法
調査書(内申書)には、中一から中三までの9教科の成績が5段階で記入される。前期選抜では、ほとんどの高校で調査書(内申書)の内容を点数化するが、その方法は高校・学科・コースによって異なる。後期選抜では、調査書(内申書)の中三3学期までの評定合計および「特別活動の記録」などの記載内容をもとに合否判定を行う。

 

前期選抜 調査書(内申書)の点数化の例(2022年度)
川越高校(国際文理科)中三の9教科×5段階評定=45点満点
桑名北高校(普通科)  中一~中三の各教科の評定を換算(75点満点)+評定以外の記載事項(最高25点)=100点満点

後期選抜調査書(内申書)の評定
中1
中2
中3 9教科×5段階評定=45点満点
合計 45点満点

 

【再募集】
検査実施日 2023年3月23日
合格発表日2023年3月27日

 

令和5年度(2023年度)内申点計算方法と高校入試への加点

 

【入試選抜の特徴】
後期選抜内申点は中3一学期から三学期までの成績が評価の対象で、9教科5段階評定45点満点です。この中に活動の記録等も評価に含まれます。

・志望校合格の判定は、内申点の審査を突破し、さらに当日の学力検査の合計得点が高い順に決められていきます。

・公立中学の内申は、相対評価(集団に準拠した評価)が廃止され、絶対評価(目標に準拠した評価)が取り入れられています。

定期テスト以外にも評価の対象となりえる学習活動とは?
・ノート提出
・ワーク提出
・レポート提出
・作品の提出
・定期テストのやり直し
・実技のテスト(歌唱、運動など)
・授業中に使ったプリント
・授業中の小テスト
・発表・発言
・調べ学習
・グループ学習・発表
・学習態度
・自己評価(ふりかえり)カード
などです。

偏差値が高い高校ほど内申点の加点割合が少ない傾向です。中学3年で内申点が低いからといって第一志望校をあきめることはありません。また中学1、2年なら、内申点を計算しておけば、志望校に合格するために必要な成績の目安となります。

 

【入試傾向と対策】
前期選抜」は自己推薦型の入試で、学科試験と面接、「後期選抜」は5教科の学力検査となります。学力検査で上位校に合格するためには8~9割の得点が必要で、苦手教科をなくして、基礎点を落とさない、1問、1問、粘り強く考えることが大切です。どの教科も、まずは基本的な知識をくり返し身につけること。大切なのはそのうえで、演習問題に取り組みアジャイル(とにかく行動してジタバタしながら答えを見つけること)とレジリエンス(窮地に陥ってもへこたれないこと)をひとりで何回も練習することです。教わるだけでは本番で戦えません。

英語
大問の数は、近年4問のことが多く、リスニング、会話文、英作文、長文読解で構成されます。特徴はリスニングの配点が高いところです。そのため、読む・書く・聞くの出題バランスが取れています。
大問1は、リスニング問題です。配転が50点満点中18点分あり、全体の約36%ほどを占め、高い配点です。リスニング対策は、長文読解力をつけた上で行うのが早いでしょう。
大問2は対話文です。全体の中で配点が低く、昨年は8点ほどでした。設問の内容としては、空所に入る文章を選んだり、本文の内容に関する設問です。一方で文法に関する知識を問う設問はないのもまた特徴です。
大問3は英作文です。英作文も比較的配点は高く、2点問題が6問あります。内容は問題に条件が指示をされますが、解答例はいくつかあるので、内容が伝わることを重視した採点になります。やたらに作文を書いても得点にはなりません。基本英文を覚え、それをどのように当てはめるかが重要です。
大問4は長文読解です。設問の内容は、主に文章の内容全体を理解させるものが多いです。また、長文の内容について、正しいものを選択肢から選ばせる問題が多く出題されます。

を日本語で答えさせる問題も出題されます。長文読解に強くなるには国語力が必要になってきます。

数学
他教科に比べて難度が高く平均点が低いのが数学の特徴です。過去5年の平均点は、50点満点中26点と5割で今後もこの傾向は続きそうです。合否は5教科合計点ですので、数学にウエイトを置きすぎて、理科や社会の科目を軽視するのは危険です。そして、基本計算での失点を少なくする練習を日頃からできるか?が合否を分けます。
大問1は計算問題が中心です。正負の数の計算問題や方程式の文章問題、2次方程式の計算が出題されます。どの問題も基本的な内容が多く、完答を目指せます。 大問2は、大問1とは違い文章問題が中心です。連立方程式の文章題が毎年出題されます。また、その途中式は、穴抜き形式で出題され、立式を問題用紙に記載がある文脈に沿って行うのも特徴です。また、ここ数年は、場合の数や確率が出題されることも多いです。 大問3は関数の問題です。年度にもよりますが、2次関数をテーマとした問題が多いです。定数や座標を求める問題や、変域変化の割合、また等積変形を用いた問題が必ず出題されます。最後の小問は難易度が高い場合も多いですが、大問を通して標準的な問題です。2次関数で解法に困ったら、 求めた座標や式を図内に書き込み可視化して糸口を見つけていきましょう。
大問4は図形問題です。作図と空間図形が必ず出題されます。空間図形は、平面に書き換えることで解決できますから、立体の高さを求めると言って慌てず、三角形の高さを求める問題にやさしくできます。

国語
国語は、他教科に比べて比較的点数がとりやすいです。過去5年間の平均点は50点満点中34点台で、他の科目が20点台であるのと比べると点数がとりやすい。またまた、漢文が出題される頻度は低いことが特徴です。ということは満点とれるかどうかです。
大問1は漢字の読み書きです。昨年は、読み取りが4点分、書き取りが4点出題されています。漢字はみんなが点をとる箇所なので、日頃から練習を怠らないようにしましょう。
大問2は小説です。選択肢から選ぶ問題、記述問題の合計が5問になるように、それぞれ2問から3問で出題されます。その中で1問、口語文法、画数、書体、関する知識問題が出題されるので注意が必要です。記述問題に関しては、本文中の言葉を使って30字前後で説明を求める設問が多く見られます。書き足りないということがないよう、日頃からキーワードに線を引く、削ぎ落とし、翻訳、ABC分類に取り組みましょう。
大問3は、説明的文章が出題されます。問題数は大問2と同じ5問です。選択、記述の割合も大問2と同様です。また、最後の問いは、内容一致の問題です。細部に関する選択肢が多いので、本文を先に読み、「アイウエオ」流消去法を用いて選択肢を見極めていきましょう。
大問4は古典です。数年は古文が出題され、2013年度に漢文が出題されました。漢文は古文の延長で、古文の読解力をつけておきます。傾向については、内容一致の問題が出題されていたのですが、2017年度の問題から最終問題が記述になり変わりました。文章は難しいようですが、基本は一つです。
大問5は統計資料です。選択形式の問題だけだったり、記述の問題が含まれたりと年度によって様々です。他県の入試問題などにも触れて様々な課題に慣れておきましょう。
最後の大問は条件作文です。200字から240字程度の与えられたテーマに沿って、自分の体験を交えながら作成する内容です。テーマがどうあれ、書くパターンは一つですので当てはめるだけです。いきなり書き始めるのではなく、ワードマップで全体像をイメージし、一旦構想を練ってから書きはじめると時間内に収まります

理科
それぞれの分野からおよそ2.5割前後の比率でバランスよく出題されています。過去5年間の平均は50点満点中29点。数学に次いで高得点を取ることが難しい科目です。1~3年の内容を満遍なく勉強することが重要ですが、その中でも2年の内容の出題比率が全体の40%弱と高めなので、しっかりと対策をする必要があります。
生物は、植物や動物、細胞・遺伝等の範囲からの出題が多いのが特徴です。実験器具や試薬の使用方法についての出題もあるため、抜け漏れのないようチェックが必要です。
化学は、どれかに偏ることなく幅広い単元から出題されています。短文記述問題がよく出されていますがあまり難しい問題はないので、基本的な問題をしっかり覚えておくとよいでしょう。
物理分野では計算問題が多く出題されています。単元は、電流・光の性質・物体の運動などからバランスよく出題されているので、どれかに偏ることなく勉強することが大切です。
地学は、「地球の動きと星の見え方」からよく出題されています。湿度や火山・地震の単元からの出題も多く、計算問題が出されやすいので、やり方を確認しておく必要があります。

社会
大問数は5問。日本地理1題・世界地理1題、歴史2題、公民1題となっており、地理・歴史の問題量が多めです。記述問題や図・表・グラフの読み取りが増加しており、暗記力から思考力や表現力が問われるようになっています。 全体的に教科書レベルの問題で構成されていますが、記述形式の問題にも慣れておかないと高得点は狙えない出題となっています。
地理は、世界・日本のすがた、産業、貿易はこの5年間毎年出題されています。世界地理では地図が提示され、グラフや統計図などを合わせて世界各国の様子が問われることが多いです。日本地理では地形図の読み取りが出題されることもあります。また、三重県に関しての問題も出されることが多いので、しっかり押さえておく必要があります。
歴史は、日本史を中心に出題されます。範囲は古代から現代までと幅広く、表や資料を用いながら、人々の生活・文化や政治・外交などのテーマで出題されます。
公民は、政治・経済・人権・地球社会について幅広く出題されています。グラフや表を用いた問題も多く出題されており、歴史分野との融合問題も出されることがあるので注意が必要です。 他と比べると公民分野からの出題が若干少なめですが、他分野との融合問題も出される可能性が高いので、漏れなく抑えておくことが大切です。時事問題についても出題されることがあるので、普段から新聞やニュースなどに気を配っておく必要があります。

教室から大切なお知らせ一覧

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP