センター試験、数英国の勉強法

 私は文系です。ですけれども、国語は自信ありませんでした。

P1030121(10×10)
緊張した雰囲気の教室。みんな真剣です。

数学が一番、ラクかもしれません。

数ⅠAなら、80ぐらいの問題パターンをくり返し練習することです。
数ⅡBなら、100ぐらいのパターンでしょうか。

問題文と、途中式と、答。
これを何度も書いて、覚えます。

数学が暗記?と思うかもしれませんが、数学には公式と言う便利なものがあるからです。

それに対して国語に公式はありません。
「国語」のあいまいさに悩まされるのです。

これさえ覚えておけば、センター国語は常に9割とれるという自信をもつには、いかにカンで解くのではなく、数学的に解くかです。 

もし、国語に自信がつけば、英語はすごく楽になります。
確実に勝てます。

英語も70%近くが読解問題です。
みんな単語や文法にこだわります。

ですけれども、効果が出にくいです。
配点が高いのは読解問題だからです。

国語の読解力をつけることに集中すれば、数学、英語。国語ともに上がります。

当塾では、まず無料体験授業をオススメしています!

【入塾されるかどうかは、実際に無料体験授業を終えた後でご考慮のうえ、ご判断ください。】

わかる楽しさ実感しよう!無料体験授業お申し込みはこちら


あなたのご意見・ご質問・ご感想等お寄せください。

このページの先頭へ