元気の出る塾長ブログ

第二の母校に行ってきました。

第二の母校に行ってきました。

IMG_0478
  東京、お茶の水にある予備校の玄関前

大学入試に失敗しました。

私が高3のときです。
お恥ずかしい話なのですが大学入試に失敗したのです。

母親に頼んで、もういちどチャンスをもらいました。

このとき父も転勤になりました。
国鉄を定年退職する直前でした。

大阪の吹田市から埼玉県おおみや市に転居したのです。

父といい、うだつのあがらない私といい、母も土壇場で大変だったろうと思います。

環境が変わったし、それどころではなかったので、わたしは友達はひとりもいませんでした。
高校時代の同級生で、早稲田(法)に合格した岩崎とか、慶応大学(法)の大西、関西大学(法)に合格した垣内などが、陣中見舞いに来てくれましたが、正直あまりうれしくなかった。

せまい心の私です。
負けたくない、そんな一心で通った予備校が、第二の母校です。

みごとな英文解釈の鈴木長十先生、芸術的な解法の数学、根岸先生。
あこがれました。

東京の予備校の環境が、人生を左右しました。
大阪も都会だったのですが、ここは大学合格者のケタが違う。

こんな環境の中にいたら、怖いものなしです。
目からうろこだった。

もちろん、この学校が合格させてはくれません。
みんながそうだからといって、この自分がそうなるとは限らないのです。

そこではやはり、自分で鉛筆を握るしかない。
自宅に帰って、自分で問題解いて、鉛筆が折れるくらい、くり返しするしかない。

ただ、必要だったのは「イメージ」だったような気がします。
この数字を見て、俺だってできるぜ!という将来「イメージ」が、田舎者の私にふつふつとわいてきたのです。

わたしが高校生に「700選」や「古文解釈の方法」「センター数学」など「駿台文庫」を使うことが多いのは、こういう理由によります。

あなたにも、できるぜ!という強烈な「イメージ」をぜひ持ってもらいたい。
夢は、かないます

関連記事

  1. お伊勢さんに行ってきました。Part2

  2. 合格体験記が続々と届いています。

  3. けさも車で5分のマックにお邪魔しています。

  4. 英文書換えをたくさん間違えてしまった高田中学2年Kくん

  5. 知ってますか?学習曲線

  6. ここは埼玉県大宮です・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

AI教材 atama+(アタマプラス)

AI教材 atama+(アタマプラス)

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP