元気の出る塾長ブログ

雪かき

会社に勤めて1年目。結婚して埼玉県西川口の新築のマンションに2月入居した、その翌月のことです。東大出身の無口な課長が「飲みに行こう」なんて、珍しく私一人を誘う。いつになく静かなお店で、あのケチな課長が「なんでも好きなもの注文しな」と、やたらと高級なお酒を勧める。

いい気分になって、しかし、その優しさが怖かった。変だな?と思っていたら
宴もたけなわになって、「増田くんな、4月から札幌に転勤や」「えっ!!」
辞令一発で、塾長は新宿から札幌にブッ飛んだ。ガ〜ン!

そういえば同期入社8人の中にも千葉転勤がいたな。千葉なら近い。なんでオレが札幌に?札幌といえば、左遷!ガ〜ン!

夜遅く帰宅して新妻に「北海道に転勤する」と言ったら、「私も連れてって!」と、泣いて
すがりつくと思いきや、軽く「行ってらっしゃい」だったので、ガ〜ン!

4月30日単身赴任。5月5日、ゴールデンウイークなのに、北海道では雪がちらついていた。ガ〜ン!

本や映像で見る限り北海道は銀世界。白い恋人じゃないけれど、「雪かき」が毎日か!と思いきや、毎日が雪ではない。降るのは週に2〜3回。寒いから溶けないだけだった。ガ〜ン!

私が生まれ育った埼玉県や兵庫県、京都府、大阪府では、ほとんど雪は降らず、雪かきの思い出はなかったが、ここでは、降ったらみんな朝から雪かきを始める。失敗したのは、雪かきしないで放っておくと、我が家の前だけがツルン、ツルンして危険だということ。気がついた時は踏み締めたあとが分厚くなったアスファルト状態。剥がすほうが大仕事になった。

ある朝、恐ろしいことが起こった。顔面のド真ん中に大きな絆創膏を貼って、その上からひび割れた眼鏡をかけた仲間が現れた。ギョ〜!真冬のドラキュラっ!恐る恐る事情を聞いたら、夕べ”すすきの”を歩いていたら雪道で滑った。運悪く、コートのポケットに両手を突っ込んだまま前に倒れたらしい。想像するだけで胸が痛む。

最近、四日市も年に2〜3回は雪が降り積雪が見られる。今のビルにお世話になる前は、四日市市民文化会館の隣だった。ビルに外付けされた、赤レンガ製の螺旋(ラセン)階段を2階まで登って教室に入った。大雪が降った朝は、階段が見えないくらい雪が積もる。北海道の経験があるので、一段ごとに雪を下に落としていきました。

雪かきをする人は、雪かきをしているところを多くの人から目撃されることはありません。人々が仕事に行くときには、すでに雪かきは終わっているからです。そして、その奇麗に雪かきされた道を、みんな当たり前のように歩いて出勤します。だれかが雪かきをしなかったら、必ず凍り付いた雪に足を滑らせて転ぶ。

雪かきは誰かを喜ばすためにするのではなく、その道を通る人たちが、いつものように普通に歩けるようにと、やっている。誰も見ていないし、誰からも賞賛されることはない。なくても、その作業はだれかがやらねばならない。そういう人がいることで、実は社会はうまく回っています。

村上春樹著『ダンス・ダンス・ダンス』の中に「誰かがやらなければならないこと、それが『雪かき』だ」という内容が載っています。そして、その話を受けて哲学者 内田樹(たつる)さんは「労働の本質は雪かきにある」と述べています。

今の世の中は「行動することは、得をするか、損をするか」を基準に回っていることが多いように思います。ですが、実は「雪かき」が自然にできていくことが、大きな幸せになるんだと思います。  謹賀新年 TheJuku塾長   

関連記事

  1. けさ、マックで考えたことは、やはり・・

  2. もちろん私も,静岡大学より名古屋大学を目ざしてほしいです

  3. 近くのジャズドに行ってました。

  4. 「ロボットは東大に入れるか」一橋大学 新井紀子さん

  5. 四日市や四日市南、川越など高校受験の進学説明会をしました

  6. なぜ、すぐに行動に移せないのでしょうか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

AI教材 atama+(アタマプラス)

AI教材 atama+(アタマプラス)

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP