元気の出る塾長ブログ

なぜ、夏休み明けの9月からトップになれたのか?

もうすぐ夏休みだ。
すでに、授業は10倍早くなり、
あっという間に期末テストへとなだれ込む。

自分がクラスの上なのか、中なのか、下なのか。
またライバルが、クラスの上なのか、中なのか、下なのか、
どんどん実力が明らかにされ、幸福感に影響する。

ぜひ、初期に好成績を出して欲しい。
人間の最大の恐怖は「失うこと」だ、
1学期にいい結果を出せば、
何が何でも2学期、3学期も頑張りたいのが心理だからだ。

1)成績上位の子というのは、授業を一言漏らさずモノにしている

予習しなくたって話を聞けばわかる、みたいな
楽観的な考えだと失敗する。

実際、授業を聞いても分からない、
分からなくても、ま、テスト直前にやればなんとかなるさ、と
自己暗示をかける。

次送り習慣が身についてしまい、
いざ期末テストでボロボロの結果になるのだ。
まして、そんなやり方で全国レベルに追いつくはずがない。

授業は一言 漏らさず聞く
これが学年トップの特徴だ。

最初は大変だろうが、意識すればできる。

学年トップの彼女は言う、
ちょっとでもわからない点があれば、
そこはクラスのみんなより出遅れてしまう・・

彼女は平均点より転落する、という危機感が鮮烈なのだ。
次に聞いてみた。
なぜTheJukuでは、練習ばかりするのか?

頭でわかったつもりが一番こわい、
練習で脳に染み込ませるのが
いちばん早いから・・

学年トップをとるのに、
塾で「練習」&「予習」が一番てっとり早いのだ。

2)授業は一回限りの綱渡りだと思え

今、授業でやってる分野は、二度と授業では扱わない。

当たり前というかもしれないが、
じつは重大な意味が2つある。

ひとつは、授業で聞き逃したら、今度は最初からひとりでやるしかない。
あとあとめんどくさいことになる!
時間もかかって好きなことができなくなる。

もう一つは、習った分野は入試まで授業では扱わないという事実だ。
定期テストまでには入試レべルまで高めておかないといけない。

部活で疲れて帰って食事を済ませ、
家族みんなが寝静まった後から、
志望校の入試問題に取り組まなければならない。

一人だと時間も数倍かかる。
入試日まで難問だらけの綱渡りになるのだ。

つまり、定期テストや実力テストは、
高い偏差値をたたき出し、第一志望に合格するための準備であって、
決してテストだけが目的ではない。

塾で練習予習→授業を完全理解→定期テスト対策開始→入試レベルをクリア→定期テストの日
これを中間テスト、期末テスト、学年末テストごとにワンクールさせるのだ。

3)学校というのは人生の成功法則を学ぶ場だ

準備が全てだと言った。

人生も同じだ。
成功するには周到な準備が必要だ。

たとえば、定期テスト対策も、

1ヶ月前からやる子、
2週間前からやる子、
三日前からやる子、

とタイプが決まっている。
そう、決まってしまっているのだ。

習慣とは恐ろしい。

三日前からやる子が、
急に2週間前から始めるようなことはない。
だからクラス順位はほとんど変わらない。

しかし、習慣は変えられる。
みんながまだ遊んでいる間に、
テスト準備をする、
それを3ヶ月継続する、

確かにこれは辛いことだ。
思うようにできない。

私も腹筋 毎朝100回を習慣化するのに
1年かかった。

しかし、辛くても、習慣が最強だ。
人生のシュミレーションだと思って鍛えることだ。

やる子はすでに準備を始めてる。
5月から東京大学の過去問を解き始めた高校2の生徒もいる。
彼は言う・・

今日は4月初旬の授業の振替えでした。
2年生となって
もう1カ月近く経つのですが、
最近、かなり勉強に対する意欲が
変わってきました。

誰に言われなくても、
平日に3〜4時間ほど、
勉強できるようになりました。

ただ、休日に勉強が
なかなかできないので
その点が今後の改善点です。

・・・

決して頭の良し悪しなんかではない。
意識するか、しないか。

自分を肯定する言葉と練習量があれば、
だれだってできる。

自己肯定感と練習量を
たっぷり脳に染みこませるなら、
TheJukuは、どこよりもやりやすいし、習慣化できる。

メール:体験学習はこちらへ

関連記事

  1. 中学受験を考えるとイライラしてしまいます

  2. 課題,基本,くり返し,決戦,行動, この”かきくけこ”から今日逃げたら…

  3. けさも車で5分のマックにお邪魔しています。

  4. 今の学校をやめて定時制に代わりたい高校1年生がいました

  5. 困った・・・塾長!その場で解けない

  6. 「自分は絶対に失敗しない!」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

四日市の塾お問い合わせはこちら0120-54-9881

AI教材 atama+(アタマプラス)

AI教材 atama+(アタマプラス)

ペンギンオンライン

TheJukuペンギンオンライン

無料体験授業のご予約

無料体験授業のご予約はこちら

最近の記事

四日市塾TheJukuの塾長

TheJuku塾長 増田 修一
【 TheJuku塾長プロフィール 】

四日市学習塾TheJuku
塾長の増田修一と申します。

四日市にたくさんある学習塾のなかからTheJukuを選んでくださり、誠にありがとうございます。

今月!注目のイベント

PAGE TOP