塾でやったテキストを時々,見てほしい内部中学3年Iくん

塾でやったテキストを時々、見てほしい

300x286xsIMG_08191-300x286.jpg.pagespeed.ic.jvLS92YOEe
おもわず、うなってしま
いました

「帰宅しても、すぐ部屋にこもっちゃうし、
一言もしゃべらないんです。

何、考えてるか、全然わからない・・
テストのプリントなんかも見せたことがないんです。」

お察しします。
おかあさまの「ヤキモキ」した気持ち、よくわかります。

面談に来られたお母さまは、そうおっしゃって、
子どもが4月から中3、高校受験があるので、
春期集中セミナーにご参加くださったのですが、
6日間のセミナーが終わって、驚天動地です。

最終日、次のようにおっしゃいました。

「うちの子は、ここが気に入ったみたいです。

きのう、むこうから、しゃべってきたんです。

『塾でやったテキストは、
机の上にファイルしておくから、
時々、見て欲しい」って。」

「へぇ〜、すごいですね!」
おもわず、うなってしまいました。

もちろん、がんばりを認めてほしい、気持ちもあるでしょう。

ですが、毎回の学習をお母さんにチェックされるのは、
抵抗があります。

監視されてるみたいで、私ならイヤです。

ですけれども、うまいな〜と思いました。
自分をしばりつけています。
やらなきゃいけないように、自分をおい込んでいるのです。

進化には痛みを伴います。

ひょっとしたら、受験の覚悟を決めたんでしょうか?

どうして180°変わったのかききました。

「じつはね、これまでは進学先のことを聞かれても、
お前が行く道だから自分で決めな、
夫婦でそう言ってました。

ですが、今回は、塾長さんに言われたように
私から、『こんな高校に行ってほしいな・・』
と伝え、

主人も
『こんな社会人になってほしい・・』
を伝えたんです。」

「なるほど!」
・・・

「それで、期待に応えるように二人三脚の体制を引いたわけですね。
よくわかりました。」

一言もしゃべらなくても、子どもは子どもなりに、
ちゃんと考えいます。

親から、さりげなく「期待値」を伝えられることが、
子供にとってどんなにうれしいことか、

それだけで「がむしゃら」になれると思います。

当塾では、まず無料体験授業をオススメしています!

【入塾されるかどうかは、実際に無料体験授業を終えた後でご考慮のうえ、ご判断ください。】

わかる楽しさ実感しよう!無料体験授業お申し込みはこちら


あなたのご意見・ご質問・ご感想等お寄せください。

このページの先頭へ