冬期集中学習

冬期集中学習

小学生一般コース

なぜ冬期集中学習をするのか

当塾では、みなさまに毎月アンケートをお配りし、家庭学習で不安な点をたくさんお答えいただいています。
その中で、代表的なものを分類しますと、おおよそつぎの4パターンになります。

○勉強方法がわかってません。
○高田受験を考えています。
○文章題がニガテです。そこだけ教えてもらえませんか?
○小2ですが。とにかく算数が嫌いです。3学期に困らないように予習を中心にさせてください。
○速さ、比例が苦手です。6年生になってから急に算数が苦手になりました。

○どうやったら、英語が得意になりますか。
○携帯ばっかりいじってます。
○学習習慣がついてません。
○四日市高校に行きたいのですが。
○家ではなかなかやりません。
・・・・
と、たくさんあります。

冬期集中学習なら、24時間のうち、わずか1時間をあてるだけで、
あなたは、冬休みを、学校の予習・復習に追われることなく、
自由な時間、そして、まとまった時間として、最大限 有効に使うことができます。

これまでの学習リズムを崩さずにすみ、
中学進学に向けて基礎力をがっちり固めておけます。

これだけで冬休みは、安心です。

冬期集中学習では何をするのか

なんといっても、中学校に入った時に困らないための準備です。

あなたにオススメのコース

英語   1~6年対象 【1時間×5日間】
中1の2学期(9月)の時点で、学校の授業についていけない生徒は70%。一度点数が下がるともう大変です。
小学校から始めれば、中学3年間英語の困ることはありません。

さんすう 1・2年対象【1時間×5日間】
たし算・ひき算に時間がかかっていませんか?速く、正確に答えが出せるように、ひたすら計算のトレーニングをします。

算数   3・4年対象【1時間×5日間】
算数ぎらいはこの頃から始まります。特に文章題、図形は復習をしておかなければなりません。

算数   5・6年対象【1時間×5日間】
このころの勉強が不十分だと、中学に入ってからとても困ります。少数の割り算、分数の計算がスラスラできていますか?

中学準備   6年対象【2時間×5日間】
小学校の内容は一切せず、中学校の数学を準備します。中学校で困らないように、まずは正負の計算から。 みんな分数でつまずきます。あなたはどうでしょう?

国語   3~6年対象【1時間×5日間】
漢字がニガテ。文章問題がニガテ。いいテキストがあります。中学校では、国語に限らず、全ての科目で「読解力」が必要になってきます。今のうちに文章の読み方を学んでおきましょう。

理科   5・6年対象【1時間×5日間】
学校の授業で、ちょっとわからないところ。もう一度復習しておきたいところ。分かりやすいワークを使っていきます。

社会   5・6年対象【1時間×5日間】
歴史、産業、工業。中学校に入る前に基本的なことは理解しておきましょう。中学校に入ったときにきっと役に立ちますよ。

参加費
   小学1~2年生  (5日間) 9、800(テキスト代、税込、暖房費込)
   小学3~5年生  (5日間)12、250(テキスト代、税込、暖房費込)
           (10日間)19、800(テキスト代、税込、暖房費込)
   小学  6年生 (10日間)34、650(テキスト代、税込、暖房費込)
           (15日間)38、650(テキスト代、税込、暖房費込)
授業時間  17:00~19:00

日程    12月24日~28日、1月4日~7日

小学生 中学受験コース

なぜ入試直前対策をするのか

あなたにとっては、お正月どころではありませんね。

たしかに、お家で学習するのも、塾を往復する時間が節約できて、いいにちがいありません。

ですけれども、お家ですと
冷蔵庫のジュースですとか、
お笑い番組ですとか、
漫画ですとか
ゲームですとか、
いろんな誘惑がまちうけています。

妹が声をかけてくることだってあります。
友だちが遊ぼうって来るかもしれません
試験当日のことが心配になって、一日、何もしないで無駄にすごしてしまうかもしれません。

失った時間は取り戻すことはできません。

入試直前対策なら、24時間のうち、わずか2時間をあてるだけで、
極限まで集中でき、
高い集中力をお家に持ち帰って、さらに学習を加速させることができます。

ほかの生徒たちもまた「絶対に合格したい」と、言う雰囲気で真剣にがんばっています。

あなたもその中に入って、入試問題を解き、入試に出そうな問題を何度もやります。
本番でも受験力を確実に発揮できます。

入試直前対策では何をするのか
なんといっても、合格に直結した準備をします。

いままでの総復習や高田や暁、鈴鹿中学の過去問を解きます。
学校の授業では学習しない難易度の高い問題にも取り組むことになります。
自分で考えて解く癖をつけて、ひとつひとつ確実に解けるように練習を積み重ねていきます。
過去問、頻出問題対策など、明日香さんに必要なところだけに集中して当日に備えます。
The Jukuから あなたにオススメのコースは これ です。

                                

受験2教科   4~5年対象【2時間×10日間】
国語・算数にしぼっての学習です。
入試問題では、小学校では学習していない内容であってももちろん出題されます。
今後、受験をお考えの方にお勧めしたい早めの対策コースです。

受験4教科   4~5年対象【2時間×10日間】
通常学習に加えての学習で、より先の学習をすることが可能です。
毎年後半になるにつれて学習の難易度は高まるため、苦手な単元に力をいれておくことも
この時期ならではの学習法です。

受験2教科     6年対象【2時間×10日間】
入試直前の、国語・数学にしぼった学習です。
2教科だからといって油断はできません。
志望校の出題傾向にあった学習をしていきます。

受験4教科     6年対象【2時間×10日間】
入試直前です。すべきことの優先順位はついていますか?
入試当日まわりは、「絶対に合格したい、合格するんだ」という気持ちを持った人たちで
いっぱいです。そんな中で負けるわけにはいきません。
今すべき優先順位を、自分で決めて、これからの一日一日を有効に使ってください。

参加費
   小学4~5年生  (5日間)12、250(テキスト代、税込、暖房費込)
           (10日間)19、800(テキスト代、税込、暖房費込)
   小学  6年生 (10日間)34、650(テキスト代、税込、暖房費込)
           (15日間)38、650(テキスト代、税込、暖房費込)
授業時間  17:00~19:00

日程    12月24日~28日、1月4日~7日

中学1,2年生

なぜ冬期集中学習をするのか

あなたは、冬休みを、学校の予習・復習に追われることなく、
自由な時間、そして、まとまった時間を、最大限に有効に使えます。

ところが、中学1,2年生は、みんな受験という意識もそれほど強くありません。
ですから、冬休みを何も勉強せずに過ごしてしまうことも珍しくありません。
冬休みの間は、塾での学習もお休みになり、ますます遊ぶ時間が増えてしまいますね!
学校や塾が休みなことに加え、寒さも手伝って、生活リズムがくるってしまいがちです。

冬期集中学習なら、24時間のうち、わずか2時間をあてるだけで、
これまでの学習リズムを崩さずにすみ、
3学期の準備ができます。
いづれやってくる受験のために、ほんものの実力をがっちり身につけておくことができます。

冬期集中学習では何をするのか
The Jukuからあなたにオススメのコースは こちら です。

tyu12

中学3年生

なぜ冬期集中学習をするのか

私立入試まであと50日、県立入試まで100日です。 

高校入試が近づいてまいりました。公立高校を志願する生徒が増えるなかで今年も厳しい入試になります。TheJukuではこの冬休みに入試直前対策セミナーを行い、お子さまの合格のために総力を結集し、全力をあげて取り組んでまいります。通塾回数が多くなり、指導内容にも一段と厳しさを増しますが、ご家庭のご協力が不可欠です。

なぜ入試直前対策セミナーをおこなうのか。

学校においては内申点の大もとである通知表の成績が、定期テストの素点だけでなく、日頃の授業態度、提出物の状況、授業中に行われる小テストの成績などによってつけられております。

高校の入学者選抜は、この調査書(内申書)と、学力検査(入試実力テスト)を、総合的に見て合否が決定されます。調査書(内申書)と学力検査(入試)の比率は、高校のほとんどの学科で5:5です。入試実力テストが定期テスト(中間テストや期末テスト)と同じ割合で評価されるわけです。

ところが、入試実力テストは、定期テストとちがって広範囲であるために、復習をするにも、どこから手をつけていいかわからず、さらに実力テストになると極端に点数が悪くなるお子さまが多いのも実情です。

このような状況の中で、「入試実力テストで高得点をとることはむつかしく、対策はあまり意味がないのではないか」という意見も持たれました。私どもも一時、入試対策セミナーを廃止しようかということを検討しました。

しかしながら、「子どもは中1、中2で学んだことをすっかり忘れている、せっかく3年間、定期テストで日頃の学習の成果をあげながら、もし、入試実力テストで失敗したら、これまで積み上げた努力がすべて無駄になってしまう。ぜひ入試に出るところだけでも復習させてほしい!」「冬休みに何もしないで家にいられても心配なだけ。教室で集中させてほしい」といったご要望を、お母さまから多くいただきました。

以上のことを考慮に入れ、私どもでは中学3年生に入試直前対策セミナーを行い、入試に直結した復習と、弱点補強をおこない、お子さまの受験準備が1月終盤でいっそう加速することを願って、万全のお手伝いをさせていただくことにしました。

入試直前対策セミナーとはどのようなものか。

以上、入試直前対策セミナーを実施するにあたって、私どもの理念の部分についてお話いたしました。つぎに具体的な実施方法についてお話します。

1.志望校別に3コースあります

①志望校によって SABの3コースに分けさせていただきます。
S 県立中堅校・私立上位高校受験コース
A 県立人気校・私立人気高校受験コース
B 県立上位校・私立上位高校受験コース

②各コースとも入試を想定して、5時間~10時間、集中してもらいます。
入試当日は9時から15時まで、半日がかりだからその準備もあります。
③各コースとも予想問題に取り組み、志望校の合否判定をおこないます。
④この予想問題の結果をもとに勇人さんの弱点分野を基礎から復習・強化いたします。
⑤入試は記述問題が多くなっています。国語や作文だけでなく、英語、理科、社会も記述です。記述が得意な子はいません。各コースとも記述対策に時間をさいて、答案指導、個別添削をとおして、高得点につなげるコツをお教えします。
⑥前期選抜受験生は、理科、社会を英語、数学に変更できます。
2.どのコースも必要なだけ時間を取ります。

tyu3

高校生・大学受験生

なぜ冬期集中学習をするのか

入試直前対策では、あなたもこの熱い雰囲気の中に入って、
弱点ポイントにしぼった学習ができます。
入試に出そうな問題を集中してやります。

あなたは、折れそうな心を自信に変えます。
本番でも、加速した受験力を確実に発揮できます。

冬期集中学習では何をするのか

なんといっても、合格に直結した準備をして、勢いと自信をつけます。

The Jukuからあなたにオススメのコースは これ です。

センター対策はいまからでも遅くありません。毎年、あきらめず最後までがんばった人が、栄冠を勝ちとっています。冬期集中学習は、あなたの不安と過敏な気持ちにやさしく配慮したセンター対策です。いっしょにがんばりましょう。  

□ センター英語
  新傾向問題、リスニングは大丈夫ですか?発音・アクセント、グラフ図表問題、最後の長文問題にも不安をなくしたいものです。集中学習では本番と同じ雰囲気で過去問を解き、あなたの弱点を補強します。

□ センター数学
  図形問題、三角比の公式や二次関数を使った計算力は大丈夫ですか?リズムを崩さないように毎日コツコツと
  練習をつむことです。時間配分も含めて過去問を解き、あなただけの弱点を基礎から補強できます。

□ センター現代文
  評論は大丈夫ですか?時間が足りないということはないですか。つい、あとまわしになる現代文ですが、配点は高いです。過去問を解き、あなただけの弱点を見つけ、センター現代文特有の解き方を身につけてもらいます。

□ センター古典
  古語・文法は大丈夫ですか?敬語は大丈夫ですか?学校でならったことがない古文を、最後までちゃんと読めますか?このセミナーでは過去問を解き、はじめてみる古文でも正解をだせる読める力がつきます。

  問題集をあれこれ手をつけるより、志望大学の過去問を解く、これが合格のキーです。そんなこと、わかっていても入試問題になると自信がない。ご安心ください。あなたの不安と過敏な気持ちにやさしく配慮した2次対策です。  

□ 私大対策 英語長文
  本番と同じように過去問を解きます。間違えたところは、やさしいところから順にステップをふんで復習します。大丈夫です。あなたにとって、この方法がいま一番確実に合格点がとれる方法だからです。

□ 私大対策 数学図形
  過去問を解いて自信をつけます。間違えたところは、図形の基礎、公式を基礎からステップをふんで復習します。解答より、あなたの解き方を優先します。この方法があなたにとって、いま一番自信がつく方法だからです。

□ 私大対策 現代文、古文
  過去問を解きます。間違えたところは、理由をいっしょに考えます。解法の手順を学び、いつもこの手順で解きます。もしあなたにとって国語の点数が不安定なら、この方法が国語をいちばん高得点にするはずです。

□ 小論文対策
  何を書いていいかわからない、テーマが難しかったらどうしよう?受験生の不安はつきません。冬期講習で、あなたは志望校に出題される題材をつかって書き方を身につけ、インパクトのある文章が書けるようになります。
 

冬期集中学習に関するお問い合わせフォーム

学年
お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

このページの先頭へ