途中式は書かない

計算問題は必ず計算用紙をつかい、途中式を書きましょう。

なぜかというと(  )のついた計算はまえに マイナスなどが あると
符号がかわりますよね。

 問題が複雑になるとつい忘れることが多いので、ケアレスミスになるのです。

予防するには普段から紙にかいて、
かっこをとるときに符号の確認をする習慣をつけると
ケアレスミスの60%は防げるからです。

まちがえても、見直しができるので、
ぜひ紙に書く習慣をつけてください。よくわかるやさしい数学

 

このページの先頭へ