問題集をといたら、そのまま

問題集をといたら、
解いた問題ごとに○△×のチェックをしていきましょう。

この問題は、テストでも最後まで完璧に正解できる-○、
この問題は、ちょっと不安。パターンを変えて出されると間違えるかも-△、
この問題は、解説を読んでも、まったくわからない-×

ここがポイントです。

みんなは、「答が合った」「まちがった」で終わりです。
勉強は○△×からがスタートなのです。

力をつけたかったら、なぜ間違えたか、
なぜ△×か、自分に問うことです。
△や×を○にしていくことです。

算数・数学は大きく分けて、計算、関数、図形、規則性、確率の5分野です。
計算ミスのような単純な間違いなら見つけやすいです。

けれども、関数や図形はどうでしょう?
たしかに問題は複雑です。

複雑な問題といっても、問題を分野ごとに分けていけば、
単純な問題です。

そこまで細かく分けて調べてみます。
なぜかがわかり、納得できるまでできていけば、
もうこっちのもんです。

解説をみても、分からなければ、
その分野を2学年分下げた問題で
練習してみましょう。

きっと、手がかりと勇気がもらえるはずです。
よくわかるやさしい数学

このページの先頭へ