夏期講習give型・buy型の区別は相手が必要か必要じゃないのか神戸高校Iさん

give型・buy型の区別は、相手が必要か必要じゃないか


楽に見分けがつくことを教えてもらった

giveやbuyの時、
toとforと、

どちらの前置詞を置いたら適切なのか
わからなかったけど、

今回、動詞に対して
相手が必要か必要じゃないのかを見て、

give型かbuy型かを
判断すれば

楽に見分けがつくことを
教えてもらったので

次回からは、
相手が要るかに注目して
解いていきたいと思いました。

先生のコメント

別の判断の方法もあります。

手元にあるものを渡したり、与えたりするなら「to」
【give型】
award B to A (AにBを授ける)
give B to A (AにBを与える)
lend B to A (AにBを貸す)
send B to A (AにBを送る)

手元に無いものを買ってあげたり、与えたりするなら「for」
【buy型】
buy B for A (AにBを買う)
cook B for A (AにBを料理する)
get B for A (AにBをとってやる)
make B for A (AにBを作る)
save B for A (AにBをとっておく)

当塾では、まず無料体験授業をオススメしています!

【入塾されるかどうかは、実際に無料体験授業を終えた後でご考慮のうえ、ご判断ください。】

わかる楽しさ実感しよう!無料体験授業お申し込みはこちら


あなたのご意見・ご質問・ご感想等お寄せください。

このページの先頭へ